電話でお問合わせ
お問合わせ

【オーバーホールの費用】時計のメンテナンスにかかるお金と修理に出す手順・方法

時計には数千円で購入できるリーズナブルなものから、ロレックス(ROLEX)やオメガ(OMEGA)などの高級ブランドまでさまざまな種類があります。高級ブランドと呼ばれる腕時計には、数十万円から数百万円という価格のものも少なくありません。これらは、「一生ものの時計」ともいわれますが、いくら高級なブランド時計でも、長く使い続けるには「オーバーホール(分解掃除)」によるメンテナンスが欠かせません。これは、機械式でもクォーツ式でも同様です。
しかし、せっかくオーバーホールに出しても、費用対効果が得られなければ損した気分になってしまうでしょう。例えば、「費用の安さにひかれて依頼したら、オーバーホール後に不具合が出てしまった」「高額な修理が必要と言われて断れなかった」など、不満が残る結果にならないとも限りません。それを避けるためには、必要となる価格は抑えながらも、信頼できる時計修理店を選んで依頼することが大切です。

ここではオーバーホールの重要性や費用について、また、依頼のタイミングや時計修理店を選ぶ時の基準についても解説していきます。時計のオーバーホールで後悔しないよう、ぜひ参考にしてください。

時計のオーバーホールにかかる費用は?時計にかかる必要経費について

時計にオーバーホールが必要な理由は?

時計は長く使い続けると、激しい遅れや進みが生じたり、ガラスの内側が曇ったりするなど何らかの不具合が発生し、最悪の場合は止まって動かなくなってしまうことがあります。

時計のオーバーホールは、車でいう車検のようなもの…。時計の性能を保ち、長く愛用するためには不可欠なものです。一生ものといわれるような腕時計を愛用している人なら、大切な時計を快適に使い続けるために3~5年に1回はオーバーホールをした方がよいといわれています。

とはいえ、使用頻度や時計の種類にも依存するため、必要に応じてオーバーホールをすることが理想的です。大切な時計を長く愛用するために、オーバーホールそのものをすべきかどうかプロに相談をするというのも一手でしょう。

オーバーホールは、経験豊富な一流の技術者が、時計を分解して超音波洗浄し、油の注入やパッキンの交換など必要なメンテナンスを行う作業です。時計の内部には何種類もの潤滑油を使用しています。油は時が経つほどに劣化するため、オーバーホールを行わずに、油が切れた状態になってしまった部品は、共に傷つけ合い、磨耗し、精度を狂わせていきます。そして最後には止まって動かなくなってしまうのです。止まってしまう原因の多くは、部品の破損によるものといえます。そうなってしまった後では、部品交換の必要が生じて修理代がかさんだり、最悪の場合、修理できなかったりする可能性もあるのです。

また、時計の裏蓋などに使用されているパッキンも汗や汚れによって劣化します。劣化によって隙間ができると防水性がなくなります。その状態で手を洗うと内部に水が入り、その結果、部品の破損などが生じて時計の寿命は短くなってしまうのです。

定期的にオーバーホールを行っていれば、たとえ不具合が生じても、元の部品を使用することができる可能性がぐんと高まります。オーバーホールを行うことで、あなたの大切な時計の寿命を延ばすことができ、いつまでも愛用品として使うことができるのです。

機械式時計・自動巻き時計のオーバーホールにかかる費用の目安

時計の精度を保ったり、寿命を延ばしたりするために必要なオーバーホール。では実際にオーバーホールを行うと、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

まずはオーバーホールの費用を見る前に、時計の心臓部ともいえるムーブメントの種類について知っておきましょう。時計のムーブメントには、大きく分けて「クォーツ式」と「機械式」の2つがあります。「クォーツ式」は、動力として電池を用い、「機械式」は動力としてゼンマイを用いています。さらに、機械式時計には、「手巻き」と「自動巻き」の2種類があります。「自動巻き」とは時計を着用した際、腕の動きに合わせてムーブメントに内蔵されているローターが回転し、歯車類に伝達してゼンマイが自動的に巻き上げられて動く仕組みです。

腕時計のオーバーホールといえば、一般的に機械式腕時計のオーバーホールを指すことが多いでしょう。
機械式腕時計のオーバーホールにかかる費用は、時計のブランドはもちろん、時計のタイプ・仕様によっても異なります。また、メーカーに依頼する場合と、時計修理専門店に依頼する場合とでも違ってきます。

■修理料金の比較

五十君商店 メーカー・修理専門店
ロレックス 30,000円~45,000円

>料金表

40,000円~90,000円
オメガ 35,000円~40,000円

>料金表

58,000円~150,000円
セイコー 10,000円~

>料金表

5,300円~108,000円

もちろん、複雑な時計や特殊な時計は別途お見積もりが必要ですし、時計のタイプによっては部品調達が難しくメーカー対応のみとなる時計もありますが、メーカーに依頼する場合よりは安い設定となっています。

メーカーに依頼する場合よりは安いといっても、オーバーホールにかかる費用は高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。でも、それには理由があるのです。

小さな腕時計の中には、実は100を超える部品が入っています。オーバーホールはその部品を全て分解して洗浄・調整を行い、組み立てて元通りにする作業です。鼻息で飛ぶような小さなパーツもあります。作業に要する集中力、技術力は並大抵のものではありません。どうしても手間と時間が必要です。普通のメンテナンスと比べて高度なスキルが求められるため、その質を担保するためには、必要な費用といえるのです。

たとえ修理期間が短かったり費用が安価だったりしても、質が低ければ意味がありません。すぐに不具合が出たり満足した仕上がりにならなかったりと、もったいない思いをする可能性があります。

大切な時計のオーバーホールは、確かな技術を持つ熟練の職人がいる時計修理専門店に依頼することをおすすめします。

五十君商店で取り扱っているブランド時計のオーバーホール料金・目安をお知りになりたい方は、こちらをご参照ください。各ブランドのページでタイプ・仕様ごとのオーバーホール料金をご紹介しています。

>各ブランドのページ

なお、特に人気のあるロレックス、オメガ、タグ・ホイヤー、IWC、ブライトリングについては、別途それぞれのオーバーホールについて、正規メーカーと時計修理店との価格・期間の違いやモデル別の価格帯、見積りの取り方、日頃のメンテナンス方法など徹底解説したコラム記事がありますので、ぜひご参照ください。

>ロレックス オーバーホールのページ
>オメガ オーバーホールのページ
>タグ・ホイヤー オーバーホールのページ
>IWC オーバーホールのページ
>ブライトリング オーバーホールのページ

クォーツ時計のオーバーホールにかかる費用の目安

クォーツ時計は電池とモーターで動いています。そのため、機械式時計と違ってオーバーホールが不要と思っている方がいるかもしれません。

確かにクォーツ時計は、動力部についてオーバーホールが不要です。しかしクォーツ時計の中でも、アナログ表示の時計は歯車で針を動かしています。その部分は機械式時計と同様に劣化してしまうのです。油が劣化して歯車が動きにくくなると動力を多く必要とするようになり、電池の減りが早くなります。また、防水のためのパッキンが年月を経ることで劣化して緩み、水分が侵入してしまうことがあるでしょう。水の侵入によってクォーツの電子機器が壊れる恐れがあり、パッキンは定期的に交換する必要があります。もし、ご愛用のクォーツ時計をずっと使っていきたい場合は、やはりクォーツ時計にもオーバーホールは欠かせないといえるでしょう。

クォーツ時計のオーバーホール価格参考

■修理専門店

国産 5,300~36,000円
オメガ・エルメス 20,000~35,000円
カルティエ 20,000~35,000円

■メーカー

ロレックスクォーツ時計 43,000円~
オメガ 47,000円~

クォーツ時計のオーバーホールのサイクルとしては、4年に1度程度が推奨されています。ただし、機械式よりある程度は長いサイクルでも問題はないでしょう。

なお、クォーツ時計のオーバーホールにつきましては、下記のコラム記事で詳細を解説していますのでご参照ください。

>【クォーツ時計の修理・オーバーホール】電池交換しても動かない原因や修理料金の相場を調査!

オーバーホールに出すタイミングは?時計の修理見積もりで専門家の意見を聞こう

時計の使い方によってタイミングは変わる

オーバーホールの重要性は分かっていても、いつ出すべきかタイミングに迷っている人が多いかもしれません。機械式時計をオーバーホールに出すタイミングは、3~5年に1度程度といわれています。しかし、実のところ、時計をオーバーホールに出すべきタイミングは、その時計をどのように使っているかによって異なってきます。

時計といってもスポーツする際だけ身に着けたり、通勤・通学などで長時間身に着けたり、使用頻度は人によって異なります。中にはおしゃれ用に複数の時計を持ち、出かける際に服装に合わせて選ぶという方もいるでしょう。あるいはダイバーズウォッチなど防水性に優れた時計なら、水中で使うかもしれません。そうでなくとも、洗面などの際に身に着けていれば、少なからず時計に水がはねてしまいます。
時計が水にさらされれば、部品に錆が生じる原因となるでしょう。これは汗も同様です。

また、着用する時間が長いほど周辺の環境が変わり、例えば、ホコリや風雨をはじめ時計の劣化を招く要因が多くなります。そうした場合には、通常のサイクルより短いタイミングで、オーバーホールをする必要があるでしょう。早めにオーバーホールをしないと、ふとしたタイミングで時計に激しい遅れや進みが生じたり、場合によっては故障してしまったりするかもしれません。時計には説明書などにオーバーホールの時期が書かれていることもありますが、あくまで目安として、使い方に応じオーバーホールに出しましょう。

車の車検と違い、時計のオーバーホールは自分次第で好きな時に出すことができます。とはいえ、自分の時計がオーバーホールに出すべきなのかは、なかなか判断できない人も多いはず。そんな時は時計修理専門店などで専門家に見てもらい、判断を受けるのも1つの方法です。

こんな時は専門家の診断を!時計の修理見積もり依頼のタイミング

時計が遅れたり進んでいたり、何か気になることが出てきた時はオーバーホールのタイミングかもしれません。まずはオーバーホールや修理の見積もりを依頼し、専門家に判断してもらいましょう。あるいはガラスが曇っている、時計から変な音が聞こえるといった場合も、不具合のサインといえます。オーバーホールの一般的な目安は3~5年に1度のタイミングといわれますので、購入から3年以上経った場合にも専門家に診断してもらうと安心です。

専門家の診断を受けたい場合には、販売元の正規店、時計修理の専門店に見積もり依頼を出します。見積もり依頼を出したからといって、必ずそのお店に修理を頼まなければいけないということはありません。なお、基本的に見積もりは無料で行われています。
そのため、不調を感じたら、できるだけ早く修理の見積もりを依頼しましょう。時計の部品やパーツは値上がりする可能性があるほか、錆などは時間と共にどんどん進行していきます。状態が悪くなれば、それに伴って修理費用も上がっていくでしょう。

販売元の正規店に依頼する場合のメリットは、正規店は自社の時計について熟知しているため安心して任せられること、修理後に保証書をもらえることも少なくないことなどです。一部のブランドでは時計販売の並行店と差をつけるため、正規店でのオーバーホールについて、時計購入者に対し割引を行っていることもあります。しかし、その一方で、正規店ではちょっとした不具合でも部品交換を行う傾向にあるため、結果的に修理代が高くなりがちだというデメリットもあります。

では、正規店ではない時計の修理専門店に依頼した場合はどうでしょうか。まず費用面でいえば、正規店と比べて安価に抑えられることが大きなメリットです。その一方で、オーバーホールや修理そのものの技術力は業者によって異なるため、その見極めが難しい点がデメリットといえます。

しかし、いずれの場合でも、時計のオーバーホール・修理にはある程度の金額が必要となります。費用のかかるオーバーホール・修理だからこそ、正規店より費用面が安価で、なおかつ正規店以上に信頼できる技術力のある時計修理専門店を選んでいただきたいのです。

五十君商店は10,000本にも及ぶ日本屈指の月間時計修理数を誇る、創業80年以上の歴史ある老舗の時計修理専門店です。専門学校で時計に関する知識を学び、入社後も技術の研鑽に取り組み続ける熟練の職人が在籍しています。その技術は高い評価を受け、高度な時計製作技術を持つスイスで技術指導を受けた職人もいます。また、全国各地の有名百貨店・時計店を顧客に持ち、業界からも信頼を得ています。見積もりや修理依頼についてはインターネットのほか、家電量販店の時計修理コーナーや東京都の御徒町にある自社アトリエでの直接相談も受け付けています。もちろん、オーバーホール・修理の見積もりは無料で対応しています。

オーバーホールのタイミングは自己判断するのではなく、やはり専門のプロに見てもらうのが一番です。見積もり内容に納得いかなければ、もちろん修理依頼を行わなくても構いません。まずはオーバーホールが必要なのか、どの程度の費用がかかるのか、五十君商店で見積もりを取ってみませんか。

▼「五十君商店」はコチラ

まとめ

大切な時計を長く使い続けるために必要不可欠なオーバーホール。適切なメンテナンスは、時計の寿命を延ばすだけでなく、故障予防にもつながるでしょう。オーバーホールにかかる費用の目安は、機械式時計もクォーツ時計も、ブランドや時計のタイプ・仕様、時計の状態によって異なります。修理費用については、まず見積もりに出して確認してみてください。
高額なオーバーホールですから、熟練の技術者が在籍する専門の時計修理店に依頼することが大切です。オーバーホールに出すべきタイミングは時計の使い方によって異なりますが、不具合を感じたり購入から3年以上経ったりした場合は、見積もりに出してみましょう。ただし、常に身に着けていたり、スポーツなど過酷な状況下で使用していたりする場合には、3年を待たずオーバーホールが必要となることがあります。できるだけ早い段階で見積もりを依頼し、プロの目から状態を判断してもらうこと。そのうえで適切なメンテナンスを受けることが、思い入れのある大切な時計を長持ちさせる大切なポイントです。

時計修理・メンテナンスのコラム

Return Top