0800-500-4146

【受付時間】9:00〜18:00 月〜金 / 休業:土日・祝日

お問合わせ

オリス(ORIS)の修理・オーバーホール

オリス(ORIS)の修理・オーバーホールは五十君商店にお任せください。
一度でも五十君商店を利用してくださった方からは大変気に入っていただき、リピーターになっていただいたり、口コミで五十君商店を広めていただけました。
結果として、私共は五十君商店のファンになっていただいた数多くのお客様に支えられて、ここまでこれました。

時計だけに向き合い、時計と共に進化し続けてきた五十君商店だからこそできる修理があります。
あなたの大事な時計と、大切な思い出を守るお手伝いをさせてください。

五十君商店の修理・オーバーホールサービス

オリス(ORIS)の代表的なモデルとオーバーホールの料金・目安

オリスの腕時計製造の歴史はとても古く、かつては10大時計メーカーのひとつにまで成長をしましたが、1880年代のクォーツショックで一時低迷します。それでもオリスは機械式であることにこだわりを持ち続け、クォーツ式時計の製造は一切行いませんでした。2002年にオリスは赤い色が特徴のオリスムーブメント「レッドローター」をシンボルに掲げます。これは“手が届く金額で現実的な機能を備えた高品質な機械式時計”というオリスの哲学の象徴です。高級時計よりも廉価な本格機械式時計を製造することが、「真のスイス製機械式時計」を企業理念に掲げるオリスのこだわりなのです。
このレッドローターは、ほとんどのモデルで裏蓋のシースルーケースバックから見ることができるデザインになっています。一貫して機械式時計にこだわってきたスイスの老舗名門ブランドとしての歴史と哲学、誇りがこのレッドローターに集約されています。

タイプ・仕様 オーバーホール価格
ビッグクラウン(Big Crown) ¥25,000~
オリス クラシック(Oris classic) ¥25,000~
オリス アクイス (Oris Aquis) ¥25,000~
オリス ダイバーズ(Oris Divers) ¥25,000~

ORIS(オリス)オーバーホール(分解掃除)料金一覧
ヴィンテージ・特殊な時計はお見積もりにて金額をお伝えいたします。

ビッグクラウン

ビッグクラウンは1938年に発表された、オリスのパイロットウォッチとして最多モデル数を誇る人気のシリーズです。モデル名にもなっているビッグクラウンの愛称の大ぶりのリューズとコインエッジベゼルが特徴です。ビッグクラウンはパイロットがグローブをはめたままでも操作しやすいように設計されたもの。視認性の良いダイアルや指針、オリスが開発したポインターデイトなど、パイロットウォッチならではの実用性の高い腕時計です。

オリス クラシック

オリス クラシックは、その名の通りオリスの歴史を象徴するクラシックなデザインのモデルです。スリーピース構造のステンレススチールケース、特大のリューズに上品なギョーシエ彫のダイアル、6時方向にデイトカレンダー、3針のみのシンプルなデザインです。ダイヤルはシルバーとブラックの2種類で展開しています。

オリス アクイス

オリス アクイスは2011年に誕生した本格的なダイバーズコレクションです。500mの防水性能を誇り、クロノグラフ機能や48時間のパワーリザーブ、逆回転防止ベゼル、サファイヤクリスタルの風防、デイトカレンダー、スモールセコンド、視認性のよい夜光塗料のインデックス、水深計など、最高の機能と性能を搭載しています。水深計を必要としないユーザーのために、ケースが43mm径と小ぶりで300m防水のアクイス デイトも。

オリス ダイバーズ

ダイバーズは1965年に発表されたオリス初のダイバーズウォッチを2015年に復刻したコレクションです。当時のデザインを踏襲し、最新の技術を搭載しました。ドットインデックスや、大きく湾曲した帯びたドーム型風防などはそのままに、使用素材をプレキシガラスから耐傷性に優れたサファイヤクリスタルに刷新、内側に無反射コーティングを施すことで水中でのぎらつきを抑え視認性を高めました。

オリス(ORIS)の修理事例

オリス ウィリアムズ F1(ORIS WILLIAMS F1)

ムーブメント 自動巻き
型番(Ref) 7560
対象性別 メンズ
相談症状 遅れが目立つ
修理内容 オーバーホール、防水テスト、ヒゲゼンマイ修正    
修理費用 30,240円(税込)
修理期間 約2週間
ポイント 油切れによる遅れが生じていました。

お客様の声

ブランド名: ロレックス
モデル名: デイトジャスト
ご依頼の理由: 定期オーバーホール

初めてのオーバーホールで分からないことばかりでしたが、丁寧でお優しい言葉のメールを頂き安心して預けさせて頂きました。新品同様の仕上がりに満足以上の気持ちです。また何かありましたら宜しくお願い致します。対応をして下さった方、技術者の方、皆様本当にありがとうございました。

ブランド名: ジャガールクルト
モデル名: マスター・コントロール・デイト
ご依頼の理由: 定期オーバーホール

当初は正規店を考えていましたが、問い合わせの中でコミュニケーションに難がある印象を受けたため(日本では知名度が低いことが一因かも)、実績のある国内時計修理専門店にお願いする方向で探していました。
メンテナンス結果に不満はありません。依頼前・依頼後の質問にも快く対応して頂けました。

ブランド名: タグホイヤー
モデル名: アクアレーサー
ご依頼の理由: オーバーホール他

お見積りから丁寧なご連絡、不具合な点を丁寧にご説明いただいたことで、とても信頼できました。
また、仕上がりも新品同様となり、研磨等のオプションもお願いして本当に良かったです。
ありがとうございました!

ブランド名: シチズン
モデル名: CRYSTRON
ご依頼の理由: 文字盤足折れ

さまざまな時計販売店で断られていたところ
ネットを検索して見つけました
綺麗に仕上げていただきありがとうございます

ブランド名: オメガ
モデル名: シーマスター
ご依頼の理由: 止まり

分解掃除の修理先を探していて、こちらのホームページを見た所、安心して預けられるお店だと感じ、依頼しました。見積もり後も、希望期日通り修理が出来上がり手元に返却されました。他の時計も止まったら、修理を依頼したいと思いました。ありがとうございました。

オリス(ORIS)の由来・歴史

オリスは1904年スイスのヘルシュタインで創設されました。社名は近くを流れる小川の名前に由来します。1925年初めて腕時計の製造に成功し、1938年にはオリスの名を一躍有名にした初のパイロットウォッチ「ビッグクラウン」を発表し、その後もキャリバー601、100m防水のダイバーズなど続々と新作を発表します。1934年に制定された「スイス時計法」が廃止されると、オリス初のクロノメーターとなるキャリバー652を発表し、これがヌーシャル天文台から最高格付けであるフルクロノメーター証明書を授与されます。1970年オリスのアイコンモデル「クロノリス」を発表しますが、ほどなくクォーツショックの影響を受け衰退。しかし1984年に「ビッグクラウンポインターデイト」を復活させ、1990年スイスメイドの機械式ムーブメントの基準と質を継承するという「HIGH-MECH(ハイメカ)」のスローガンを掲げます。1991年には複雑機械式機構ムーンフェーズモジュールを搭載したキャリバー581を発表、1997年には世界初となる画期的なワールドタイマーを発表。2002年赤い「レッドローター」をオリスムーブメントのシンボルとします。高性能スポーツウォッチだけでなく、ドレスウォッチでも「カルチャーコレクション」として多彩に展開。

オーバーホールは時計にとって人間ドックと同じ

大きな病気から救う唯一の方法は、早期の発見、治療です。
早めに治療すれば、それだけ寿命が延びますし、治療費も安く済みます。
五十君商店では、オーバーホールを時計の人間ドックと位置づけ、定期的に受けていただくことで、故障個所の早期発見、修理を実施しています。
そうすることで、大切な時計をいつまでも大切に使い続けることができます。

時計も人間と同じで、徐々に歳を重ねていきます。

知らず知らずのうちに、大切な時計が大変なことになっていた・・・となる前に、ぜひオーバーホールをお願いします。

五十君商店が選ばれる理由

熟練技術者による的確な判断に基づいた時計修理
時計はブランドごとに設計思想や構造が異なります。
また、時計の技術の進歩に遅れないために、絶やさず更新しています。
そのため、各ブランドの特徴ある時計構造を全て把握し、質の高い修理・オーバーホールなどのサービスを提供することができます。
国内外から必要部品の調達が可能
オーバーホール・修理によって部品が必要となった場合でもご安心ください。
五十君商店は、実は部品卸商からスタートしています。
日本はもちろんのこと各国に取引先があるため、世界各国から必要な部品を調達することができます。
熟練技術者による部品の製作も可能
すでに廃盤となってしまって部品供給がない年代物の時計でもご安心ください。
五十君商店では部品をゼロから制作するための最新設備も完備しています。
そのため、部品をゼロから制作し修理することが可能です。

メール・電話でのお問合わせ

TEL:0800-500-4146
■ 受付時間: 平日 9:00~18:00
■ 休業: 土日・祝日
※修理は24時間受け付けておりますが、ご返信・発送などは上記の時間帯となります。

時計修理・メンテナンスのコラム

Return Top