0800-500-4146

【受付時間】9:00〜18:00 月〜金 / 休業:土日・祝日

お問合わせ

時計の修理症状から選ぶ

腕時計修理の依頼をご検討中の方のために、簡易診断として症状と修理対応についてまとめました。
「オーバーホール(分解掃除)をしたほうがよいのか?」
「どの症状・状態の場合、部品の交換が必要か?」
「故障・不具合の原因は劣化か?破損か?」
「電池交換で直るのか?」
など、お手元の時計が抱えているトラブルからどういった対応が必要か、簡単ではありますがご確認できるようにしております。
料金につきましては、「修理・対処方法」の下にある青いボタンをクリックいただければ、修理内容・料金のページをご覧いただけます。

【クォーツ】時計が止まる・針が動かない・2秒~4秒毎に進む

考えられる原因

  • ・油切れ
  • ・水・ゴミの侵入
  • ・歯車の摩耗
  • ・コイル切れ
  • ・電池の寿命
  • ・液漏れ
  • ・磁気

修理・対処方法

2秒~4秒毎に進む場合は、電池交換で直ると考えられます。
内部パーツの磨耗や破損がある場合は部品交換を行います。
ムーブ単体がオーバーホール工賃より安価な場合、ムーブ交換をおすすめする場合があります。

長年愛用していたクォーツ時計が動かなくなり、電池交換してもすぐ止まってしまったり、専門店に修理に出したが「修理不可」と言われたなどの経験はありませんか?
クォーツ時計の特徴と故障の原因、メンテナンス方法、また、電池交換について下記コラムで詳しくご紹介しています。

>【クォーツ時計の修理・オーバーホール】寿命?電池交換しても動かない原因や修理料金の相場を調査!
>【腕時計の電池交換】 値段とやり方、自分でやる場合の危険性まで全て解説

【機械式】時計が止まる・針が動かない

考えられる原因

  • ・油切れ
  • ・水・ゴミの侵入
  • ・歯車の摩耗
  • ・ゼンマイ切れ

修理・対処方法

油切れ、パーツの汚れ・破損によって止まってしまったと考えられます。
1つ1つの部品を取り出し洗浄を行いますが、パーツ不良により元の部品が使えない場合は部品交換を行います。

【クォーツ】時間が遅れる・進む・日差+-0秒以上

考えられる原因

  • ・油切れ
  • ・回路の劣化
  • ・電圧増加
  • ・電池の消耗
  • ・磁気帯

修理・対処方法

油切れ、パーツの汚れ・破損によって消費電力が上がってしまい遅れ・進みが生じると考えられます。

【機械式】時間が遅れる・進む・日差+-30秒以上

考えられる原因

  • ・油切れ
  • ・歯車の磨耗
  • ・ヒゲゼンマイの偏心
  • ・磁気帯

修理・対処方法

油切れ、パーツの汚れ・破損によって時間の遅れ・進みが生じます。
また、原因の1つとしてはヒゲゼンマイの偏心による時間のズレも考えられます。

ふと気がつくと「時刻がずれていた」ということはありませんか?普段何気なく行っていることが、時計にとって負担になっていたり、故障へつながる原因となっていたりすることがあります。機械式時計の精度と、時刻が合わなくなる原因や対処法を下記コラムで詳しくご紹介しています。

>機械式時計の精度と、時刻が合わなくなる原因や修理・オーバーホールについて

ケース・ベルトの傷・ぶつけてしまった・落としてしまった

考えられる原因

  • ・ヘコみ
  • ・傷

修理・対処方法

傷がついてしまったものは研磨(仕上げ)・ライトポリッシュによって跡を消します。
研磨(仕上げ)はバフを使い時間をかけて磨き、元の状態に近づけていきます。
ライトポリッシュはルーターを使って傷を目立たせないようにします。
ぜひオーバーホールとあわせてご依頼ください。

愛着のある腕時計ならば、長く使っているとどうしても傷がついてしまうものです。
このような傷を修理して、再び美しい輝きをよみがえらせたいと思いませんか?時計の傷の修復方法について下記コラムで詳しくご紹介しています。

>大切な腕時計の傷を修理して輝きを取り戻す方法

電池交換しても動かない・電池交換してすぐ止まった

考えられる原因

  • ・電池の液漏れ
  • ・部品の破損

修理・対処方法

長年電池交換せずに放置すると、電池の劣化などによって電池から液が漏れ出し、内装部品を破損させてしまうことがあります。
そうした場合は、電池を交換しても動かなかったり、電池交換後すぐに止まってしまったりします。内部への影響を考えてオーバーホールを行います。
オーバーホール料金よりムーブ交換の方が安価な場合、ムーブ交換をおすすめする場合があります。

電池交換にまつわるトラブルや症状に関する対処方法や、おすすめの時計電池交換方法については下記コラムで詳しくご紹介しています。

>【腕時計の電池交換】 値段とやり方、自分でやる場合の危険性まで全て解説

巻いても一日持たない・腕に付けていても止まってしまう時がある

考えられる原因

  • ・油切れ
  • ・巻き不足
  • ・自動巻きのトラブル

修理・対処方法

油切れにより歯車の回転が重くなっていることが要因の1つと考えられます。
自動巻き機構の場合は、油切れや磨耗により効率よく巻き上げが行えていない可能性があります。
オーバーホールによって解消可能です。

浸水による曇りや水滴(ガラス・風防に水滴が付く)・内部に曇りが出る

考えられる原因

  • ・内部浸水
  • ・部品の劣化

修理・対処方法

パッキンの劣化や部品の緩みによる内部浸水が考えられます。内部浸水によって内部の変色や錆が進行してしまうため、早めのオーバーホールをおすすめいたします。
防水時計でも浸水してしまうことがあるため、時計が止まっていなくても一度ご依頼ください。

日常的に使用するため、腕時計を誤って水没させたり濡らしたりして慌ててしまったり、使用を諦めて放置してしまったりしたことはございませんか?
腕時計を水没させた時の対処法について下記コラムで詳しくご紹介しています。

>【水没した時計の修理】防水時計も故障する?腕時計を水没させた時の対処法

ベルトの不具合・ピン・パイプが取れた・中留が閉まらない

考えられる原因

  • ・錆
  • ・劣化

修理・対処方法

使用していると汚れや錆が出てくため破損につながります。
お預かりした修理品は全てのクラスプ(ベルトの中留金具)チェックを行い、症状があるクラスプは交換・修理いたします。
出来る限り修理を行いますが、完全に破損しているクラスプは交換します。
部品が残っている状態の場合は、ロー付けによる溶接修理も可能です。
金属ベルトコマ取り、革ベルト既製品との交換、ベルトカット、継ぎ足しなど、ベルトの調整も可能です。
ぜひオーバーホールとあわせてご依頼ください。

もし、お気に入りの時計のベルトが壊れてしまったら。金属ベルトが壊れてパーツを紛失してしまったけれど、果たして修理できるのだろうか?
「革・金属両ベルトの直し方・交換方法」「お気に入りの革ベルトを修理して使い続ける方法」「信頼できる時計修理屋さんの探し方・料金・期間」について下記コラムで詳しくご説明します。

>【腕時計のベルト交換・修理】革ベルト・金属ベルトの修理料金目安・期間を解説

革ベルトの交換は長い間共にしてきた時計を生まれ変わらせるチャンスです。
新しい時計を購入する以上の高揚感を味わえるかもしれません。
純正品では出会えないカラーバリエーションと細部までこだわったデザインで自分らしさを表現できるオーダーメイド革ベルトはいかがでしょうか。
五十君商店では本場パリの工房、JCペランを取り扱う株式会社ミモザのベルト販売、オーダーを受け付けております。

革は170種類の素材とカラーをご用意。25色の糸、縫い方や厚み、裏地など豊富なバリエーションをぜひご覧ください。
「手作り」「手縫い」の独特の風合いを持ち、芸術品とも言えるベルトは大切な時計と貴方を今まで以上に強く結び付けてくれるでしょう。

>大切な時計に特別なベルトを纏いませんか?「JCペラン」のラインナップはこちら
>ベルト(バンド)交換、オーダーベルトのお問合わせはこちら

ガラスのヒビ・傷・破損・ぶつけてしまった・落としてしまった

考えられる原因

  • ・圧力、落下、衝撃などによるガラス破損

修理・対処方法

ガラス・風防交換を行います。
ガラス・風防のヒビ、欠け、割れなどが起こった場合は、破片が内部に入り込み、内部破損につながる可能性もあるため、オーバーホールをおすすめしています。

時計の風防ガラスは、針や文字盤などを水や砂ボコリ、落下やぶつけた際の衝撃から保護をするための役割を担っています。そのため、風防ガラス自体が傷ついたり破損したりすることは、それほど珍しいことではありません。風防ガラスの傷や水滴にまつわる修理方法や応急処置方法について、下記コラムで詳しくご紹介しています。

>時計の風防ガラスに傷や水滴ができた時の修理方法

針取れ・針ズレ・インデックス取れ・衝撃を与えた際に針が外れてしまった

考えられる原因

  • ・針やインデックスの緩み

修理・対処方法

針は取り付け部分の緩みによって取れてしまうことがあります。
文字盤や他の針との接触によって取れた場合は傷ができてしまうことがあります。
針の取り付け穴のカシメ直し作業を行い、再発の恐れがある場合は、部品交換をおすすめします。

腕時計の針ずれといってもさまざまな症状がありますが、自分で直せるものなのか、時計修理専門店に相談した方がいいのか、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
時計の針がずれる原因や、修理を依頼した方がいい場合の修理方法、費用などについて下記コラムで詳しくご紹介しています。

>腕時計の針がずれる原因は?修理方法と料金の目安

時計内部での異音・時計を振ると音がする

考えられる原因

  • ・内部部品の破損
  • ・部品の緩み・外れ

修理・対処方法

内部部品のネジやローターの外れ、緩みの可能性があります。
その際に、他の部品を傷つけてしまう恐れがあるため、早めのオーバーホールをおすすめします。

ボタンの不良・ボタンが反応しない・ボタンのバネが壊れた

考えられる原因

  • ・部品の劣化

修理・対処方法

部品の劣化・破損が考えられます。部品が取れた所からのゴミの混入、水入りの可能性もあるため、オーバーホールをおすすめします。

カレンダーが止まる・カレンダーが変わらない

考えられる原因

  • ・油切れ
  • ・内部パーツの磨耗・破損

修理・対処方法

油切れによりカレンダーの切り替えが機能しないという症状が出る場合があります。その際は、オーバーホールによって直すことができます。
内部パーツ破損の場合はオーバーホールする際に部品交換が必要となってきます。

文字盤のトラブル・文字盤の凹凸・文字盤の変色・文字盤上にゴミが入った・夜光塗料にヒビが入り割れた・文字盤が回ってしまう・12時位置がズレている

考えられる原因

  • ・日焼け
  • ・経年劣化
  • ・浸水
  • ・部品の磨耗によるゴミ
  • ・パッキン・ガラス密着劣化
  • ・夜光塗料の劣化
  • ・浸水による変色劣化
  • ・文字盤の足折れ

修理・対処方法

時計を長年使用していると日焼けや水入りにより、文字盤に錆や変色が起こります。この場合、文字盤交換を行いますが、部品調達を行えない場合は文字盤再生(リダン)を行います。
文字盤にゴミがある場合、さまざまな劣化によるゴミの混入が考えられます。埃やゴミが内部に入り込み、歯車の動きを止めてしまう可能性もあるため、早めの対処が必要です。
夜光塗料のヒビや割れは、日焼けによるヒビや割れ、浸水による剥がれなどが考えられます。
また、文字盤を支える足が折れてしまった場合、文字盤が動くという症状となって現れます。取れた部品が内部を傷付けてしまう恐れがあるため、ロー付けおよびレーザー溶接を行って再度固定します。

文字盤の汚れの原因や故障の原因、さらに文字盤を少しでも長く、美しく保つために気を付けたいポイントや、定期的なオーバーホールがもたらしてくれる効果について下記コラムで詳しくご紹介しています。

>文字盤の汚れの原因と修理について

リューズが硬い・緩い・時間を合わせられない・カレンダーが変わらない

考えられる原因

  • ・ゴミの混入
  • ・パーツの磨耗・破損
  • ・錆
  • ・油切れ

修理・対処方法

リューズ(ネジ)が硬い、もしくは緩い、スムーズに動かないなどの症状は、その原因として油切れによる固着やその他パッキンの破損、ゴミの混入、錆などが考えられます。無理やり引いたり巻いたりすると破損の原因になるため、一度ご相談ください。

リューズとは腕時計の横にある「つまみ」部分の名称です。どの時計にもついていますが、時間やカレンダーを合わせたり、ゼンマイを巻いたりと機能はそれぞれ少しずつ異なります。間接的とはいえ、内部の部品を自分で動かすため、不調を感じやすいのではないでしょうか。リューズの不調に遭遇したとき、適切に処置が行えるように対処法について下記コラムで詳しくご紹介しています。

>時計のリューズが硬い・緩い・外れてしまう原因と対処法

リューズがねじ込めない・リューズが最後まで閉まらず空回りしてしまう・リューズが外れる・時間を合わせる時に外れた・落として外れてしまった

考えられる原因

  • ・パーツの磨耗・破損
  • ・錆
  • ・強い衝撃
  • ・リューズの劣化
  • ・ゴミの付着

修理・対処方法

ネジ山の劣化の場合はリューズとチューブの交換が必要になります。防水性を保つためにも片方だけでなく両部品の交換をおすすめします。
リューズは巻き真という時間を合わせる部品とつながっています。オーバーホールを行い、錆や汚れを除去することで内部への影響を最小限のものにします。

メール・電話でのお問合わせ

TEL:0800-500-4146
■ 受付時間: 平日 9:00~18:00
■ 休業: 土日・祝日
※修理は24時間受け付けておりますが、ご返信・発送などは上記の時間帯となります。

時計修理・メンテナンスのコラム

Return Top