0800-500-4146

【受付時間】9:00〜18:00 月〜金 / 休業:土日・祝日

お問合わせ

ロレックスのオーバーホール 料金の目安や期間と頻度、見積もりの取り方まで全て解説

ロレックスにオーバーホールが必要な理由・頻度・必要期間

頻度や期間は?目安は機械式で3~5年に1回、約2週間かかる

オーバーホールの頻度は、機械式時計で3~5年に1度、クォーツ時計で4年に1度が目安といえますが、適切なタイミングは使用状況により異なります。目安期間に満たない場合であっても、気になる部分がある場合は、オーバーホールを依頼することをおすすめします。

ロレックスをオーバーホールに出した場合、どれくらいの期間がかかるのでしょうか。どこに出すかによってもオーバーホールに要する期間は違ってきます。

弊社(五十君商店)では、通常のオーバーホールは2週間前後で対応しています(見積もり期間は除く)。メーカー依頼時の参考期間は6週間前後であることから、1/3程度のスピードで仕上げることができます。ただし、時計の状態によってはそれ以上かかる場合もあり、モデルによってはメーカーのみの対応となる場合もあります。

また、新品購入後、もしくは前回のオーバーホールから3~4年以内であれば、部品交換が必要となるケースはあまり多くないでしょう。それ以上の年数をオーバーホールをせずに使用になっていた場合は、油切れによる部品の磨耗や破損などにより、部品交換となる可能性が高くなります。

ロレックスのオーバーホールを相談する

ロレックスのオーバーホールは正規メーカーと時計修理店のどちらに出す?

時計を修理に出すなら料金、利便性、技術力の3つが大事です。
特に技術力は最も大事です。
なぜなら技術力が低いと時計は直せませんし、最悪の場合、症状が悪化することもあるからです。
すると、修理費用が無駄になるばかりではなく、大切な時計をダメにしてしまう可能性もあります。
そこで、主要な修理先についてまとめた表を作成してみました。

料金 利便性 技術力 おすすめ度
正規メーカー ★★★★☆
家電量販店 ★★☆☆☆
時計修理店 ★★★★☆

高い技術力で利便性を兼ね揃えた弊社が誠心誠意をもって対応します。
弊社は、10,000本にも及ぶ日本屈指の月間時計修理数を誇る、創業80年以上の歴史ある老舗の時計修理専門店です。さらに専門学校で時計に関する知識を学び、入社後も技術の研鑽に取り組み続ける熟練の職人が在籍しています。
他店で断られた時計の修理経験や、部品調達が難しい時計の対応経験もありますので、生産中止や部品が手に入らない時計の修理もお任せください。

ロレックスのオーバーホールを相談する

メーカー、時計修理店、量販店のメリット・デメリット

ここまでで、ロレックスの特徴やこだわり、オーバーホールの大切さについて、十分ご理解いただけたでしょうか。
その上で、オーバーホールはどこにお願いすればいいのか、大切な時計をきちんとした対応をしてもらうにはどうすればいいのか、費用を抑えたいなど、さまざまな意見があると思います。

オーバーホールの依頼先は、大きく3つに分けることができます。ここでは、メーカー、時計修理店、家電量販店それぞれのメリットとデメリットについてご説明します。

正規メーカー

正規メーカーにオーバーホールを依頼する際の一番のメリットは、やはり安心感でしょう。製造中止になっていない限り、交換部品もスムーズに手に入ります。その一方で、価格が割高となる、時間がかかるといったデメリットがあります。

時計修理専門店(ネット店舗を含む)

時計修理専門店にオーバーホールを依頼する際のメリットは、店舗による差はあるものの、比較的低価格であることです。さらに、工房完備、技術者育成に力を入れているといった所であれば、技術力に対しても安心して依頼ができるでしょう。
一方、ネット店舗のみの場合は、直接対面できない不安や配送時の事故といった点が挙げられます。ただし、ネット店舗と併用し、実店舗を持つ修理店であれば、この問題はクリアできます。

家電量販店

ヨドバシカメラやビックカメラのような家電量販店にオーバーホールを依頼するメリットは、その手軽さにあります。普段の行動範囲の中で、預けることができるといった人も多いでしょう。しかし、家電量販店の技術者レベルは、実際に依頼しなければ分からない部分も大きく、不安を感じる方も少なくありません。大切な腕時計を預ける以上、どういった人物がオーバーホール作業を行うのか、確認する必要があります。
弊社のように、時計修理専門店から技術者を派遣し、オーバーホールを行っている家電量販店もあります。依頼する際は、よく確認することをおすすめします。

ロレックスのオーバーホール費用をモデル・タイプ・仕様ごとに紹介

コスモグラフデイトナ

モデル名 五十君商店 メーカー依頼 ご相談
コスモグラフデイトナ 45,000~ 60,000~ ロレックスのオーバーホールを相談する

> 詳細な仕様別料金表

エクスプローラー

モデル名 五十君商店 メーカー依頼 ご相談
エクスプローラー 30,000~ 43,000~ ロレックスのオーバーホールを相談する
エクスプローラー old 40,000~ 43,000~
エクスプローラーII 30,000~ 45,000~
エクスプローラーII old 47,000~

> 詳細な仕様別料金表

サブマリーナー

モデル名 五十君商店 メーカー依頼 ご相談
サブマリーナー 30,000~ 44,000~ ロレックスのオーバーホールを相談する
サブマリーナー old 40,000~ 44,000~
サブマリーナーデイト 30,000~ 45,000~
サブマリーナーデイト
old
40,000~ 47,000~

> 詳細な仕様別料金表

ヨットマスター

モデル名 五十君商店 メーカー依頼 ご相談
ヨットマスター 35,000~ 45,000~ ロレックスのオーバーホールを相談する
ヨットマスターII メーカー見積 80,000~

> 詳細な仕様別料金表

GMTマスター

モデル名 五十君商店 メーカー依頼 ご相談
GMTマスター 40,000~ 47,000~ ロレックスのオーバーホールを相談する
GMTマスター old 30,000~ 45,000~

> 詳細な仕様別料金表

その他のモデル(上記以外も多数お取り扱いしています)

デイデイト、デイトジャスト、チェリーニなど、上記に無いロレックスのモデルもお取り扱い可能です。 まずはお気軽にご相談ください。

ロレックスのオーバーホールを相談する

> 詳細な仕様別料金表

機械式もクォーツも?長く使い続けるにはオーバーホールが必要

時計の内部には100を超える部品が使用されています。各部品には摩耗を防ぐための専用の油(潤滑油)が塗られていて、この潤滑油の劣化が、時計にオーバーホールが必要な理由の一つともいえます。

潤滑油は、時間と共に粘度が低下し、劣化していきます。オーバーホールをしないで放っておくと、油切れの状態になった部品同士が傷つけ合って摩耗や破損、錆などのトラブルを起こします。それが、激しい遅れや進みなどの不具合につながり、最後には止まって動かなくなってしまうのです。摩耗や破損を起こした部品は、交換の必要が生じ、修理代がかさんだり、最悪の場合、修理ができなくなる可能性もあります。

また、時計の裏蓋などに使用されているパッキンも劣化します。その結果、防水性が損なわれ、内部に水が入ると部品の錆や破損などのトラブルにつながります。

オーバーホールは、車でいえば車検のようなもの。定期的にオーバーホールを行うことで、時計の性能を保つことができ、愛用品として長く使い続けることができます。

オーバーホールが必要なのは、機械式時計だけと誤解している人もいるのではないでしょうか?
動力として電池を用いている「クォーツ式」も、動力としてゼンマイを用いている「機械式」も、どちらも精密機械であることに変わりはありません。オーバーホールとは、時計の精密な性能を保つために欠かせないメンテナンスの一つであり、機械式、クォーツ式に関わらず、大事な時計を長く使い続けるには必要な作業といえます。

オーバーホールとは?分解掃除して定期的なメンテナンスを行うこと

では、メンテナンスの一つであるオーバーホールは、具体的にどのような作業を行っているのでしょうか?弊社(五十君商店)の手順を例にご紹介しましょう。

オーバーホールは、「1.部品の分解」→「2.部品の洗浄」→「3.修理・調整・メンテナンス」→「4.時計の組み上げ」と、主に4つの工程に分けることができます。
時計のパーツを全て分解し、汚れた油や金属カス、細かい汚れなどを専用の機械で洗浄し、部品に応じた油を注入しながら組み立てを行います。その際、摩耗や破損している部品は交換を行い、組み上がったら、歩度測定器を使って精度の調整や、防水時計の場合は、専用の機器を用いて防水試験も行います。

オーバーホールの手順は、どの時計も変わりませんが、ロレックスならではの注意点があります。
ロレックスの場合、時計の進みや遅れを調整する部品として、一般的な緩急針を採用せず、ほとんどのムーブメントでマスロットタイプ(ロレックス社ではマイクロステラ)のテンプ(調速機)を採用しています。これは、ロレックスが独自に開発したもので、ムーブメントをケースから取り出さずに進みや遅れの精度を調整できます。調整するためのマイクロステラナットは、特殊な工具を必要とするため、ロレックスのオーバーホールを行うためには、専用の工具とそれを扱える熟練の腕が必要です。後述しますが、オーバーホールを依頼するお店を選ぶ際には、技術力や経験のある所かどうかにも留意して選びましょう。

なお、クォーツ時計も、手巻き・自動巻きの機械式時計も、どちらもオーバーホールが必要ですが、構造上、自動巻き時計がよりオーバーホールの重要度が高いといえます。

自動巻き時計は使用中にゼンマイが常に巻き上がり続ける構造であり、それにより、ゼンマイが収納されている香箱内壁の油切れが顕著に現れるからです。ここの油が切れると、香箱内で設計以上に歯車を回転する力(トルク)が貯まり、各歯車にかかる負担が大きくなることにより、部品の摩耗につながります。少しの油切れであっても、最大トルクが各歯車にかかるため、大きな摩耗につながってしまうのです。
そのため、部品の摩耗が起こる前にオーバーホールが必要となります。

詳しいオーバーホールの手順につきましては、以下をご参照ください。

>弊社(五十君商店)のオーバーホール手順についてはコチラ

時計修理店選びのポイントは?部品の新規製作も可能な老舗がおすすめ

価格面、技術面の両方のメリットを併せ持ち、安心して依頼できる可能性が高い時計修理店。しかし、時計修理店であれば、どこでも構わないというわけではありません。

ロレックスは部品一つにもこだわりがあります。時計に対して真摯に向き合い、高い技術力のある時計修理店であること、さらに生産を終了した古いヴィンテージ時計であっても修理対応が可能である修理店を探すべきです。

弊社(五十君商店)は、10,000本にも及ぶ日本屈指の月間時計修理数を誇る、創業80年以上の歴史ある老舗の時計修理専門店です。さらに専門学校で時計に関する知識を学び、入社後も技術の研鑽に取り組み続ける熟練の職人が在籍しています。全国各地の有名百貨店・時計店を顧客に持ち、業界からも信頼を得ています。

その高い技術力により、すでに生産中止になっている古い時計の部品も新規に作ることが可能です。
基本的には純正部品を使用し、了承を得た上で一部内装部品(ローター真等)にて代用品を使用するなどの方法を取ることもあります。

他店にて断られたお客さまが、弊社に時計を持参してくださるケースも少なくありません。その一例をご紹介します。

アンティークロレックス
モデル・品番 対応
Ref.1601 デイトジャスト Cal.1570 一部モデルにてメーカー対応終了
五十君商店では純正部品の在庫有り・修理対応可能
Ref.6694 オイスターデイト Cal.1210 五十君商店では純正部品の在庫有り・修理対応可能
Ref.4220 スピードキング Cal.710 天真新規製作や、バネ新規製作、歯車新規作成可能

ロレックスのオーバーホールや修理事例をご紹介します。
こちらにご紹介してない事例でも対応可能ですので気になる点やご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

>ロレックスのオーバーホール・修理事例

ネットでの申し込みも可能?無料見積もりの取り方

オーバーホールや修理を依頼する際には、まず見積もりを依頼することになります。ロレックス正規店と弊社のそれぞれの流れを確認しておきましょう。

ロレックス正規店

  • ・全国主要都市のロレックスサービスセンターまたはサービスカウンターにて直接受付
  • ・電話
  • ・郵送

五十君商店

  • ・本社店舗(東京都台東区上野)、新川崎店(神奈川県川崎市)へ持ち込み
  • ・電話
  • ・インターネット(全国対応)

電話およびインターネットで弊社にオーバーホールをお申し込みいただいた場合、送料は無料です。
ただし、オーバーホール中止やコピー品などは、着払いにてのご返却となるため、ご注意ください。
>時計修理のご注文(お時計発送~お受け取り)までの流れはコチラ

愛用のロレックスを長持ちさせる秘訣は?日ごろのメンテナンス

愛用のロレックスはどのモデル?歴史があるからラインナップが豊富

愛用しているロレックスはどのモデルでしょうか。オーバーホールを行う前に、ロレックスの歴史について少々紐解いてみましょう。

ロレックスは、腕時計の実用性と将来性を見抜いていたハンス・ウイルスドルフの手により、1905年イギリス・ロンドンにて創設されました。ムーブメントの品質向上に力を注ぎ、1910年にはスイスクロノメーター歩度公認検定局から、腕時計で初めてクロノメーターの公式証明書を獲得しています。

1926年に、世界初の防水腕時計を開発(完全密閉ケース「オイスター」)、1931年に、世界初の自動巻き腕時計を開発(360度回転式ローターを採用した自動巻き機構「パーペチュアルムーブメント」)、1945年にはダイヤルの小窓に日付を表示する初の自動巻き時計(カレンダー機能「デイトジャスト」)と、次々に新しい技術を開発し続けています。

ロレックスの時計は、自社の厳しい基準を満たすため、細部に至るまで注意を払って丁寧に組み立てられています。真に統合された時計製造会社として、時計に必要な部品は、デザイン・開発・製造全てを自社内で行っているのです。
細部の改良を行いながらも、同一モデルを製造し続けることもまた、ロレックスの戦略です。変わらないデザインを保つことは、安心感と信頼をもたらし、より多くのロレックスファンを生み出している理由の一つといえるでしょう。

腕時計開発のパイオニアであるロレックスの代表的なモデルについて、いくつかご説明しましょう。

オイスターパーペチュアル(1933年~)

  • ・ロレックスの原点
  • ・ロレックス三大発明「オイスター」と「パーペチュアル」の2つを搭載
  • ・衝撃と磁力に対して極めて高い耐性を発揮する「3132ムーブメント」搭載

コスモグラフ デイトナ(1963年~)

  • ・ロレックスの王様
  • ・プロのカーレーサーのために開発
  • ・中央の秒針により1/8秒単位まで測定可能
  • ・従来のクロノグラフより部品数が少なく、ムーブメントの信頼性が高い「4130ムーブメント」搭載
  • ・人気や知名度、資産価値が高い

サブマリーナー(1953年~)

  • ・世界初のダイバーズウォッチ
  • ・1953年登場当時100mの防水性能を備える
  • ・「逆回転防止ベゼル」により、ダイバーが潜水時間と減圧停止を正確に測定が可能
  • ・衝撃と温度変化に対して優れた耐性を発揮するパラクロム・ヘアスプリングを装備した「3130ムーブメント」搭載

GMTマスターⅡ(1954年~)

  • ・ロレックス唯一のパイロットウォッチ
  • ・24時間でダイヤルを1周する針と両方向回転のベゼルが搭載され、正確な計時に影響せずに新たなタイムゾーンを設定することが可能
  • ・クロナジーエスケープメント、約70時間のパワーリザーブが特徴の「3285ムーブメント」搭載

時計を長持ちさせるには?こまめなお手入れが大切

時計のオーバーホールに必要な期間や費用は、時計の状態により大きく左右されます。大切なロレックスを長持ちさせるためには、日ごろのセルフメンテナンスが欠かせません。しかし、ここでポイントとなるのは、「あくまでもセルフメンテナンスは腕時計の外側部分にとどめておく」ということです。

まずは自分でできるお手入れ方法について、ご紹介します。

腕時計は常に肌に密着しているため、汗や皮脂、汚れはつきものです。放置してしまうと臭いや錆、劣化などの原因になってしまいます。マイクロファイバーやセーム革などの乾いたクロスを用意し、日々の汚れを拭き取りましょう。

ロレックスに傷がついてしまったら?小さな傷を目立たなくする方法

ロレックスに傷がついてしまったら。プラスチック製で風防の小さな傷であれば、柔らかい布などに専用の傷取りクリームで軽く磨くことにより目立たなくさせることができます。

ただし、研磨剤を選び間違えてしまうことで、傷が悪化するなど思いがけないトラブルになることもあります。大切なロレックスに目立った傷をつけてしまったときは、時計修理専門店に研磨を依頼することをおすすめします。

ロレックスのバンド(ベルト)の調整・汚れの取り方・交換のタイミング

ロレックスの革ベルトであれば、汗や水などで濡れた際には固く絞ったタオルを押し当て、汚れをタオルに吸収させましょう。ブレスレットの場合は、乾いたクロスで表裏をこまめに拭きましょう。

一般的な時計の場合、バンドの調整に関しては自分で交換することも可能です。ただし、ロレックスの場合は、時計修理店に依頼したほうがよいでしょう。また、ピン・パイプが取れた、中留が閉まらないといったベルトの不具合が発生した場合は、交換・修理のタイミングです。

プロがおすすめするお手入れグッズは?ロレックスのセルフメンテナンス

ロレックスの外側をセルフメンテナンスする際に、こだわりのお手入れグッズで行いたい方も多いでしょう。ここではプロがおすすめするお手入れグッズについてご紹介します。

豚毛ブラシ

時計の洗浄やゴミ取りに使えるブラシです。天然毛ならではのしなやかさと薬品への強さが人気のプロも愛用の専用工具です。持ち手にゆるやかなカーブがかかっており、作業時の握りやすさと、細かな部分のホコリやチリをかき出しやすい形状となっています。
外装に傷を付けにくい豚毛ブラシは、中性洗剤とあわせてご使用いただくとさらにキレイになります。
ブレスのお手入れを長期間行わずにご使用されていますと、汚れが研磨剤となり、ブレスの磨耗につながります。これが原因でフラッシュフィット内のパイプが壊れ、時計が落下、破損してしまう可能性もあります。

バネ棒外し

ブレスの洗浄時に、取り付けや取り外しを行うために使用できるバネ棒外しです。こちらは時計工具の王様BERGEON社のもので、大切な時計に傷をつけないことにこだわっています。ある程度の技量は必要ですが、大切な時計を守るためにもおすすめの逸品です。

他にもさまざまな自宅できるお手入れグッズについてご紹介しています。以下をご参照ください。
>【腕時計のお手入れ方法】自宅でできるお手入れ&あると便利なおすすめグッズ

ただし、セルフメンテナンスをしていても、オーバーホールが不要になるわけではありません。前述しましたように、機械式時計の場合は3~5年に1度、クォーツ時計の場合は4年に1度のオーバーホールが必要です。

また、このような症状が出たときは、オーバーホールのサインです。速やかに時計修理店などでオーバーホールや修理依頼をすることをおすすめします。

  • ・遅れが発生する・止まる
  • ・巻き上げても1日しか持たず、持続時間が短い
  • ・電池を交換しても動かない
  • ・針が戻る
  • ・落下による衝撃

>オーバーホールのご相談や無料お見積り、お問い合わせはコチラからお気軽にどうぞ!

時計修理・メンテナンスのコラム

Return Top