• お電話でのお問い合わせ
    0800-500-4146
    電話受付時間:平日9時~17時 ※お電話が繋がりにくい場合は、メールでお問い合わせください。
  • 各店舗へのお問い合わせ
  • 【御徒町本店】
    03-3835-2592
    [営業時間]平日9時~19時/土曜9時~17時(日・祝日定休)
  • 【府中店】
    042-319-2050
    [営業時間]10時~20時
    ※武蔵府中ル・シーニュに準ずる
  • 【新川崎店】
    044-589-6225
    [営業時間]10時~19時(水・日定休)
    ※14:30~15:30は休憩時間
  • 【本川越店】
    049-298-7572
    [営業時間]10時~21時
    西武本川越ぺぺの定休日に準ずる
  • 【四ツ橋店】
    06-6536-0330
    [営業時間]平日10時~18時

チューダー
修理・オーバーホールなら

1930年創業五十君商店
お任せください。

五十君商店は
時計修理業界の
リーディングカンパニーです。

  • 歴史

    創業90

  • 年間修理実績

    10万本以上

  • 取扱ブランド

    114種類

チューダー 各モデルの
修理・オーバーホールの
費用目安

タイプ・仕様 価格 参考価格
メーカー依頼時
必要期間 参考期間
メーカー依頼時
クオーツ カレンダーなし ¥22,000~ ¥38,500 2週間前後 6週間前後
カレンダー付き ¥39,600
カレンダー曜日付き ¥45,100
ダブルデイト ¥50,600
アラーム付き ¥63,800
クロノグラフ ¥33,000~ ¥55,000
クロノグラフ(フライバック) ¥60,500
自動巻 カレンダーなし ¥22,000~ ¥35,000 2週間前後 6週間前後
カレンダー付き ¥39,600
カレンダー曜日付き ¥45,100
ダブルデイト ¥50,600
アラーム付き ¥63,800
クロノグラフ ¥38,500 ¥55,000
クロノグラフ(フライバック) ¥60,500

※当社調べ

チューダーの修理・オーバーホールの
見積もり依頼

◆注意事項◆

  • ※オーバーホールの料金は基本料金であり、部品代、仕上げ料金は別途発生いたします。詳しくは時計をお預かり後のお見積もりとなります。
  • ※弊社に時計が到着後、2~3週間でお見積もり金額をメールでお知らせいたします。メールの返信にてご進行・中止のご連絡を頂いた上で、修理に入らせていただきます。
  • ※必要納期は進行の回答を頂いてからになります。
  • ※お預かりした時計は、修理中止・コピー品の場合は着払いにて、修理不能の場合は元払いにてご返却いたします。
  • ※キャリバー(Cal)、リファレンスナンバー(Ref)は一例になります。
  • ※料金表は予告なく変更する場合がございますのでご了承ください。
  • ※掲載していないお時計もお気軽にお問い合わせください。

チューダーの修理・
オーバーホール事例

五十君商店は業界トップクラスの
年間10万件を超える修理実績。
豊富な事例から修理内容や料金を
ご参考ください。

サービスの
ご利用方法について
SERVICE

ご利用方法は宅配、もしくはお近くの店舗への持ち込みの2種類となります。
お申し込みはWEBサイト、またはLINEからも可能です。

WEBサイからお申し込み
LINEからお申し込み (各種お申し込み可)

LINEアプリがインストールされたスマホなどの端末から、
以下の「友だち追加」ボタンをクリックするか、「QRコード」を読み取ってください。

よくあるご質問

  • 他店の方が料金が安かったのですが、その差は何でしょうか?

    価格差の大きな理由は時計修理の技術力の差です。修理屋の商品とは修理の技術力です。価格が安い=技術力が低い、ということなります。
    難易度の低い修理であれば問題ありませんが、オーバーホールなど、業者の技術力を超えた修理の場合は悲劇につながります。修理できずに返品されるだけならまだしも、パーツを壊してしまったり、部品を紛失してしまうということも多々あります。低価格を強みにする修理業者は、ファストフード店と同様、薄利多売のビジネスモデルです。スタッフが大量の注文をこなすために、常に忙しく動いています。そんな中で細かい部品を扱うため、トラブルの発生する確率が高まり、大切な時計が動かなくなってしまうリスクもあります。
    創業90年の五十君商店は、長い歴史の中で数多くの修理実績があり、培ってきた技術力は業界トップレベルだと自負しております。全国の有名百貨店や大手家電量販店など、法人のお客様からもご支持いただいています。そのため、どこよりも安くというわけにはいきませんが、適正価格とご納得いただけるような品質をご提供いたします。

  • 他の修理業者に修理が出来ないと言われた時計でも直りますか?

    むしろお任せください。思い出が詰まった時計が壊れてしまい、さぞお困りのことと思います。弊社は業者様からの難しい修理も多数請け負っており、様々な分野に特化した技術者がおります。 工具や設備も海外から最新のものを仕入れております。他で修理できない時計でも十分修理できる可能性がありますので、ご安心ください。

  • オーバーホール後の保証期間はありますか?

    オーバーホールの保証期間は現行モデル1年、アンティークモデルは6ヶ月となっております。詳細は保証についてのページをご確認くださいませ。五十君商店ではギャランティーカード(保証書)も発行しております。

  • WEBサイトに掲載がない症状なのですが直りますか?

    お気軽にご相談ください。まずは修理の対応可否や概算費用について知りたい場合は、当サイトのオンライン見積もりをご利用くださいませ。

  • 修理の流れを教えてください。

    お申し込み方法は全国対応の宅配修理とお近くの店舗に来店の2種類あります。詳しくはご利用の流れをご確認ください。

チューダーの豆知識

チューダーの由来・歴史

チューダー(チュードル)は1930年代に当時ロレックス本社があったイギリスでの市場拡大を目的に、デュフュージョンブランドとして誕生しました。ブランド名はイギリス王家の「チューダー家」に由来します。
高い精度と技術を誇りながらも価格が高いロレックスに対して、ロレックスと共有パーツを使いながら低価格で提供するというコンセプトで、しだいに広く人気を集めるようになります。目的通りロレックスの認知度を高めるとともに、1990年代に入るとロレックスの廉価版ブランドとしてではなく、チューダー(チュードル)独自の進化を始めます。1969年に発表された「チューダー(チュードル)アリーナ」から採用されているイカの形のような時針とペンシル形の分針は、ロレックスにはないチューダー(チュードル)独特のもので、以降このデザインが継承されるなど、チューダー(チュードル)の独自路線を打ち出し、ロレックスの廉価版というイメージから見事に脱却を果たしました。
2015年チューダー(チュードル)初の完全自社開発ムーブメント「キャリバーMT5601」を発表、2016年のバーゼルワールドで発表した「ヘリテージ・ブラックベイ・ブロンズ」が大きな話題になりました。

チューダー
代表的なモデル

かつてはロレックスの廉価版ブランドという位置づけだったチューダー(チュードル)ですが、現在ではロレックスの技術や哲学を受け継ぎながらも、チューダー(チュードル)独自の製品を多く発表し注目を集める腕時計ブランドとなりました。
1990年代からロレックスとは違った独自のデザインを打ち出すようになったチューダー(チュードル)は、2015年に初の自社製ムーブメントを開発します。これは70時間のパワーリザーブを誇るスイスクロノメーター協会認定の高性能ムーブメントで、“マニュファクチュール”を意味するMTを名称に使ったMT5601と命名されました。
こうして独自路線を邁進し、ロレックスの廉価版ブランドのイメージから見事に脱却したチューダー(チュードル)は、日本には代理店がないため入手するのが困難にも関わらず、年々人気を増しています。
リーズナブルな価格でロレックスに劣らないデザイン性、機能、性能にこだわりながら、独自の時計作りを進化させるチューダー(チュードル)は今後が楽しみな腕時計ブランドです。

  • ヘリテージブラックベイ

    ヘリテージシリーズは過去のモデルを復刻する人気のラインナップです。特に2012年に発表されたヘリテージブラックベイは、人気が高いコレクションです。1970年代の不朽の名作「サブマリーナ」の復刻で、ロレックスのサブマリーナにはない、カラーリングされたベゼル、独自のイカ針、当時のバラモチーフのロゴが再現されています。現行の盾マークロゴが配された新作のブロンズケースモデルも、2016年の発表以来人気を博しています。

  • クロノタイム

    クロノタイムは、1976年に発表された自動巻きクロノグラフです。ロレックスのデイトナを想起させるデザインモデルで、サファイアクリスタルを採用した高い堅牢性と100m防水機能を備えます。ムーブメントはETA社製「バルジュー7750」を採用し、裏蓋はロレックス製のものが使用されています。発売時期によって初期モデル、セカンドモデル、サードモデルと3種あり、文字盤の色はどれもロレックスのデイトナと同様に黒と白の2色展開です。

  • ノースフラッグ

    ノースフラッグは2015年に発売された、名前のとおり極寒の地を進む冒険家のために作られました。過酷な環境に堪える、ステンレススチールとセラミックから作られた耐久性の高いブレスレットと一体形成のケースに、100m防水、搭載された自社ムーブメントキャリバーMT5621は70時間のパワーリザーブをもつスイスクロノメーター認定のハイスペックムーブメントと、タフで高性能なモデルとなっています。

  • ペラゴス

    ペラゴスは2012年にプロフェッショナルダイバーズとして誕生しました。2015年には自社製ムーブメントキャリバーMT5612を搭載します。ケースとブレスレットにチタン素材を使用し、500m防水、70時間パワーリザーブの自社製高性能ムーブメントで、チューダー(チュードル)のダイバーズラインナップの最高位のプロユースモデルとなります。2016年にはレフトハンドモデルペラゴスLHDがラインナップに追加されました。

店舗・施設案内 STORE

お電話、メール、LINEで
お気軽にお問い合わせください。​

お電話でお問い合わせ

0800-500-4146

電話受付時間:平日9時~17時

メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

LINEアプリがインストールされたスマホなどの端末から、
以下の「友だち追加」ボタンをクリックするか、
「QRコード」を読み取ってください。