時計修理の最後の砦 ER時計修理サイト

  • お電話でのお問い合わせ
    0800-500-4146
    電話受付時間:平日9時~17時 ※お電話が繋がりにくい場合は、メールでお問い合わせください。
  • 各店舗へのお問い合わせ
  • 【御徒町本店】
    03-3835-2592
    [営業時間]平日9時~19時/土曜9時~17時(日・祝日定休)
  • 【府中店】
    042-319-2050
    [営業時間]10時~19時
    ※武蔵府中ル・シーニュに準ずる
  • 【新川崎店】
    044-589-6225
    [営業時間]10時~19時(水・日定休)
    ※14:30~15:30は休憩時間
  • 【本川越店】
    049-298-7572
    [営業時間]10時~21時
    西武本川越ぺぺの定休日に準ずる
  • 【大阪四ツ橋店】
    06-6536-0330
    [営業時間]平日10時~18時(土日・祝日定休)

時計修理・
メンテナンスのコラム

ロレックス「オイスター」ケース、「パーペチュアル」誕生の軌跡

時計業界における革新的な進歩のひとつとして知られるロレックスの「オイスター」ケースと「パーペチュアル」。
その誕生は、時計の防水性に革命をもたらしました。

しかし、この画期的な技術が誕生するまでには、多くの試行錯誤とイノベーションがありました。

この記事では、「オイスター」ケースや「パーペチュアル」がどのようにして誕生し、ロレックスがどのようにしてこれらの技術を完成させたのか、その軌跡を詳しく探ります。

時計の歴史を変えたロレックスの挑戦とその成果について、一緒に旅してみましょう。
今回はこの時代のロレックスについて紹介いたします。

ロレックスの始まり

知名度・販売数ともに高級腕時計であり、実用時計の最高峰を象徴するロレックス。
意外にも創業はイギリス・ロンドンにはじまります。

また長い歴史と格式を持つ時計ブランドの創業者の多くが偉大な時計職人として紹介されるのに対し、ロレックスの創業者ハンス・ウィルスドルフが偉大な時計職人として表現されることはありません。
事実、時計職人ではなかったのです。

1905年、当時はまだ懐中時計全盛のころ、腕時計の大衆化を予見しロレックスの前身となる時計の販売・製造会社「ウイルスドルフ&デイビス社」を若干24歳で設立します。

ハンス・ウィルスドルフ

画像出典元:ロレックス公式

独自ムーブメントの開発

ムーブメントは、従来の戸等制度を廃止し近代的な企業形態によるコストパフォーマンスと安定性が特徴で、小型ムーブメントの製造を得意としていたスイス・ビエンヌのエグラー社をパートナーに腕時計の製造に着手。
資本金の5倍もの巨額の契約を取り交わします。

腕時計の時代の到来や、エグラー社とのパートナーシップは時計職人としての先見の明があってこそのことと言えそうです。

やがてエグラー社はロレックスの製造部門のような位置づけとなり、事実上子会社化。現在のビエンヌにあるロレックスのムーブメント工場は、かつてのエグラー社でした。

ロレックスの名前が商標登録されたのは、1908年。ロレックスというブランド名は、彼による造語で、天啓のようにひらめいたといわれています。
そして、このロレックスの名を記した腕時計がはじめて発売されたのは1910年。

この年に、小型ムーブメントは、精度が悪い。
そのようなイメージをロレックスは、腕時計として初めて「クロノメーター(公的機関による精度の検査・認定制度)」公式証明書を獲得することで払拭。

さらに1914年には英国キュー天文台から、それまで航海用のマリン・クロノメーターにしか与えられなかったA級証明書が授与されます。
腕時計が従来の懐中時計同等以上の性能を持っていることを公的機関が証明したのです。

A級証明書

画像出典元:ロレックス公式

オイスターケースの誕生

その後、1919年(1920年と記載の資料もあり)スイス・ジュネーブに本社を移転。25年にロレックスを象徴するクラウンマークが意匠登録されます。
そして、1926年、時計史に燦然と輝く大発明が生まれます。「オイスター」ケースの登場です。

「オイスター」ケースの発明の背景には、時計の防水性能向上という当時の大きな課題がありました。
多くの時計は湿気や水から内部を守ることができず、これが時計の故障の原因となっていました。

そこで、ロレックスは裏蓋とリューズをガスケット(パッキン)を介してケース内部を完全に保護することを考案。
また、ねじ込み式のリューズを採用することで、リューズの部分からの水の侵入も防ぐ設計としました。

この革命的な設計により、「オイスター」ケースは業界で初めて防水腕時計のケースとして認知されるようになりました。
この成功は、ロレックスが高品質と革命的な技術で知られるようになる大きなきっかけとなりました。

画期的なオイスターケースでしたが、人々は慣れないリューズのねじ込みを忘れ、本来の防水性を発揮できない故障が多発。
この背景からリューズを撒く必要をなくすための機構として開発されたのが自動巻き上げ機構「パーペチュアル」です。

ロレックスが世界初の自動巻き機構である「パーペチュアルローター」を発明し、特許を取得したのは1931年。
この巧妙なシステムは現代の自動巻き時計の中核を今でも担います。ロレックスの3大発明のうち「オイスター」ケース「パーペチュアル」の2つは黎明期に誕生したのです。

その後、ロレックスはスポーツ、航空、モーターレーシング、探検など、さまざまな分野で時計をテストし、技術的性能を証明。
なかでも1933年、エベレストを越えて飛行するはじめての探検にロレックスオイスターが1935年には、ロレックスを身につけたサー・マルコム・キャンベルが時速301マイル(484.955キロメートル)という自動車の世界最速記録を達成。
記録達成の翌日に「昨日の記録挑戦時にロレックスウオッチを着用。手荒な扱いにもかかわらず時計は見事に動いていた」とロレックスに電報を送っています。

ロレックスへの手紙

画像出典元:ロレックス公式

ロレックス オイスターパーペチュアルの紹介

ロレックスの3大発明のうち「オイスター」ケースと「パーペチュアル」の2つを搭載したオイスターパーペチュアルは防水・防塵ケースの自動巻き時計を意味します。

時を超越したデザインと時計としての機能を備えた、もっとも純粋な形のクロノメーター腕時計といえます。

28、31、34、36、41 mmの5サイズ展開はロレックスのコレクションの中でも最も多く、サイズカラーが豊富な点も『オイスターパーペチュアル』の人気の一因です。

ロレックス オイスター パーペチュアル

ロレックスオイスター パーペチュアル

画像出典元:ロレックス公式

  • 必要期間
  • 3週間前後(メーカー依頼時:6週間前後)

  • 価格
  • 33,000円~ (メーカー依頼時:6週間前後)

ロレックス オーバーホールはこちら

オイスターパーペチュアルのメンテナンス

『オイスター パーペチュアル』はロレックスの代表的なコレクションのひとつです。
「オイスター」は防水性、「パーペチュアル」は防塵性を指しています。これらの特性から、『オイスター パーペチュアル』のメンテナンスの特徴は以下のようになります。

①ケースと防水性の確認

「オイスター」ケースは高い防水性能を持っていますが、ロレックスに限らずすべての防水ケースは、随所にゴムやシリコン製のガスケットによっても防水性を支えています。
ゴムやシリコンは消耗品なので、防水性能を保つためには定期的な交換をおすすめいたします。

また、リューズの部分が経年劣化することで防水性が低下する可能性があります。

メンテナンス時にはこれらの部分の状態を確認し、必要に応じて交換します。

交換後は、防水性能のテストも行われ、ケースやリューズが適切に密封されていることを確認します。

②ムーブメントの点検と調整

「パーペチュアル」ムーブメントは高い精度を持っていますが、長期間使用すると油が劣化したり、微細なほこりが内部に侵入することがあります。
メンテナンス時にはムーブメントを分解し、部品の清掃、油差し、そして必要に応じて部品の交換を行います。時計が正確に時を刻むようにします。

③外観のクリーニング

ブレスレットやケースの表面についた汚れや細かな傷をクリーニングし、元の美しさを取り戻します。深い傷や凹みがある場合は、研磨や修復が行われることもあります。

④部品の交換

クリスタル(風防)が傷ついていたり、文字盤や針にダメージがある場合、オリジナルの品質を保つために交換が推奨されることがあります。

⑤総合的な機能テスト

メンテナンスが完了した後、時計の全機能が正常に動作するかを確認するためのテストが行われます。

ロレックスの時計は高品質な素材と精密な設計で作られていますが、定期的なメンテナンスがその性能を長く維持するためには必要です。
正確な時を刻み続けるために、定期的な専門のメンテナンスを受けることをおすすめします。

オイスターにまつわるエトセトラ

英国の女性スイマー、メルセデス・グライツが1927年にドーバー海峡の横断に成功。
実はこの冒険、挑戦自体は前年に米国人女性によって既に成功しており、彼女は2人目の成功者でした。

この横断が注目されたのは、彼女の腕にはロレックスのオイスターが巻かれていたこと。
そしてそのロレックスのオイスターは10時間以上も水中にあったにもかかわらず、完璧に動いていたことでした。
この横断は、ロレックスのオイスターの防水性の価値、性能を証明することとなりました。

英国紙『デイリー・メール』の一面に全面広告を掲載し、防水時計の成功を発表。

「テスティモニー」のコンセプト

画像出典元:ロレックス公式

五十君商店について

1930年創業。年間修理実績10万本以上。 わたしたちは時計修理業界のリーディングカンパニーです。

弊社は時計修理一筋90年以上の不器用な会社ですが、これまで多数の有名百貨店や時計店とお取引をしており、ビックカメラさんやヨドバシカメラさんといった大手家電量販店の時計修理コーナーの運営も担っています。

手前味噌ではありますが、弊社の技術力は時計修理の業界内でも高い信頼を得ていると自負しております。

また、弊社、2月1日より開始いたしました新サービス『時計のライフプランナー』では、お客様のニーズにあわせた最適な修理方法をご提案いたします。

サービスの概要は
①お客様のご希望に沿った修理内容のご提案
②必要に応じオプションでのメンテナンスをご提案
③アフターサービスによるお客様の満足度の向上 となっております。

時計のライフプランナー』では、メンテナンスにかかる金額に関しても各項目明示し、ご提案させていただきます。

参考文献

晋遊舎「ロレックス大全 the BEST」,晋遊舎,2022年6月
マット・フラネック 訳:下田明子「A MAN & HIS WATCH 男と時計の物語」,‎ K&Bパブリッシャーズ,2021年7月

コラム トップに戻る

最近の投稿

人気記事

コラム トップに戻る

こちらのコラムも
よく
られています

コラムカテゴリから探す

ONLINE STORE

時計の工具やケア用品も
五十君商店にお任せください!

五十君商店は時計修理・部品工具販売の卸売りとして創業したため、世界中に調達ルートを
確保しています。時計を知り尽くした五十君商店が厳選するアイテムで、時計を長く大事にお使いください。

お電話、メール、LINEで
お気軽にお問い合わせください。​

お電話でお問い合わせ

0800-500-4146

電話受付時間:平日9時~17時

メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

LINEアプリがインストールされたスマホなどの端末から、
以下の「友だち追加」ボタンをクリックするか、
「QRコード」を読み取ってください。