0800-500-4146

【受付時間】9:00〜18:00 月〜金 / 休業:土日・祝日

お問合わせ

ジャガー ルクルト(Jaeger Le Coultre)の修理・オーバーホール

ジャガー ルクルト(Jaeger Le Coultre)の修理・オーバーホールは五十君商店にお任せください。
一度でも五十君商店を利用してくださった方からは大変気に入っていただき、リピーターになっていただいたり、口コミで五十君商店を広めていただけました。
結果として、私共は五十君商店のファンになっていただいた数多くのお客様に支えられて、ここまでこれました。

時計だけに向き合い、時計と共に進化し続けてきた五十君商店だからこそできる修理があります。
あなたの大事な時計と、大切な思い出を守るお手伝いをさせてください。

五十君商店の修理・オーバーホールサービス

ジャガー ルクルト(Jaeger Le Coultre)の代表的なモデルとオーバーホールの料金・目安

ジャガー・ルクルトは、創始者のアトワーヌ・ルクルトがそうであったように発明に長けたブランドです。世界初のリューズ巻き上げキャリバー、「レベルソ」の反転ケース、自動巻きアラームのメモボックスや、創業から膨大な数のムーブメントを開発し、パテック・フィリップやオーデザ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタンのような世界三大ブランドといわれる時計ブランドにムーブメントを提供してきました。
また創業からマニュファクチュール体制を貫くブランドの誇りと、時計作りへのこだわりは、自社で設けた「1,000時間コントロール」という厳しい品質テストから見て取れます。このテストでは、精度、気温変化への耐性、衝撃耐性、防水性の6項目において1,000時間に渡る検査を課します。有名なスイスクロノメーター検定では360時間、合格率は5%、しかもムーブメントのみを対象としますが、ジャガー・ルクルト独自のテストでは完成した腕時計で行われ、この厳しいテストをクリアした製品しか市場に出回ることはありません。
ジャガー・ルクルトのこだわり、精緻な技術への絶対的な自信が詰まった腕時計は、持つ人の誇りになることでしょう。

タイプ・仕様 オーバーホール価格
レベルソ(Reverso) ¥35,000~
マスターコレクション(Master Collection) ¥50,000~
ジャガー・ルクルト・ジオフィック(Jaeger-LeCoultre ・ Geophys) ¥50,000~
デュオメトル(Duometre) ¥50,000~

Jaeger Le Coultre(ジャガー ルクルト)オーバーホール(分解掃除)料金一覧
ヴィンテージ・特殊な時計はお見積もりにて金額をお伝えいたします。

レベルソ

レベルソは1931年に誕生した世界初の反転式角型ウォッチです。当時貴族階級が愛好したポロ競技の衝撃に耐えうる時計を、という要望から開発されました。1933年には自社ムーブメントを搭載した新モデルを発表すると、高精度と高い耐久性でポロ競技者だけでなく軍用時計としても利用されました。一度生産を終了しますが、1984年に防水性能を備えた新コレクションが発表されます。初代モデルを踏襲した「トリビュート・トゥ・1931」、両面文字盤にした「デュエット」、トゥールビヨンやミニッツリピーター搭載の「グランドコンプリケーション」など多彩な派生モデルを展開しています。

マスターコレクション

1907年に開発された超薄型腕時計から着想を得て、必要最低限のミニマリズムにフォーカスした、優美でクラシックなデザインが特徴のジャガー・ルクルトを代表するコレクションです。複雑機構と宝石が配された精緻な高級時計「グランド・トラディション」、最薄モデルの厚さはわずか4.05mmの「ウルトラスリム」、多機能でありながらジャガー・ルクルトの“1,000時間コントロールテスト”を初めてクリアした「コントロール」の3ラインが展開されています。

ジャガー・ルクルト・ジオフィック

ジャガー・ルクルト ジオフィックは、1958年の国際地球観測年の一環としてごく少量製作れたモデルがルーツです。洗練されたフェイスデザインで2タイムゾーン表示。2014年にデザインはそのままに、自動巻きのcal.898を搭載して復刻し、2015年に新モデルでレギュラー展開されるようになりました。各モデルには新開発の22金自動巻きムーブメントcal.220やジャイロラボが搭載され、時計の精度を司る先進技術が駆使されています。

デュオメトル

2007年に誕生した革新的な「デュアル・ウィング」をコンセプトに開発されたコレクションです。2つの独立したパワーリザーブを搭載し、クロノグラフと時刻表示をそれぞれの専用のゼンマイを駆動させることで、クロノグラフ機能を作動させていても高精度に時を刻むことが可能になりました。最高技術の複雑機能と内部の機械がのぞく文字盤のデザインが特徴です。

お客様の声

ブランド名: ロレックス
モデル名: デイトジャスト
ご依頼の理由: 定期オーバーホール

初めてのオーバーホールで分からないことばかりでしたが、丁寧でお優しい言葉のメールを頂き安心して預けさせて頂きました。新品同様の仕上がりに満足以上の気持ちです。また何かありましたら宜しくお願い致します。対応をして下さった方、技術者の方、皆様本当にありがとうございました。

ブランド名: ジャガールクルト
モデル名: マスター・コントロール・デイト
ご依頼の理由: 定期オーバーホール

当初は正規店を考えていましたが、問い合わせの中でコミュニケーションに難がある印象を受けたため(日本では知名度が低いことが一因かも)、実績のある国内時計修理専門店にお願いする方向で探していました。
メンテナンス結果に不満はありません。依頼前・依頼後の質問にも快く対応して頂けました。

ブランド名: タグホイヤー
モデル名: アクアレーサー
ご依頼の理由: オーバーホール他

お見積りから丁寧なご連絡、不具合な点を丁寧にご説明いただいたことで、とても信頼できました。
また、仕上がりも新品同様となり、研磨等のオプションもお願いして本当に良かったです。
ありがとうございました!

ブランド名: シチズン
モデル名: CRYSTRON
ご依頼の理由: 文字盤足折れ

さまざまな時計販売店で断られていたところ
ネットを検索して見つけました
綺麗に仕上げていただきありがとうございます

ブランド名: オメガ
モデル名: シーマスター
ご依頼の理由: 止まり

分解掃除の修理先を探していて、こちらのホームページを見た所、安心して預けられるお店だと感じ、依頼しました。見積もり後も、希望期日通り修理が出来上がり手元に返却されました。他の時計も止まったら、修理を依頼したいと思いました。ありがとうございました。

ジャガー ルクルト(Jaeger Le Coultre)の由来・歴史

ジャガー・ルクルトは、時計師のアントワーヌ・ルクルトが1833年にスイスのル・サンティエに開いた小さな工房から始まりました。1844年に発明したミクロン単位で測定可能な計器「ミリオノメーター」は、正確な部品の製造を可能とし、時計製造の歴史を変えたといわれています。本格的なマニュファクチュール体制をいち早く取り入れ、1887年に初の竜頭巻き時計を完成させると、巻き上げとセッティングに鍵を必要としていた懐中時計に革命を起こしました。1890年までに125種類ものムーブメントを開発し、パーペチュアルカレンダーやミニッツリピーターを備えたモデルの製造を行います。また1902年から30年に渡って時計ブランドの最高峰パテック・フィリップの腕時計の大半のムーブメントを手掛けてきました。1903年、カルティエの「サントス」を手掛けた時計師エドモンド・ジャガーから超薄型ムーブメントの開発注文をされ、1907年世界で最も薄いムーブメント「ルクルト製キャリバー145」を開発します。その後エドモンド・ジャガーと1937年ついに「ジャガー・ルクルト」ブランドを誕生させました。
現在腕時計は8つのコレクションを展開、2000年よりリシュモングループの傘下にあります。

オーバーホールは時計にとって人間ドックと同じ

大きな病気から救う唯一の方法は、早期の発見、治療です。
早めに治療すれば、それだけ寿命が延びますし、治療費も安く済みます。
五十君商店では、オーバーホールを時計の人間ドックと位置づけ、定期的に受けていただくことで、故障個所の早期発見、修理を実施しています。
そうすることで、大切な時計をいつまでも大切に使い続けることができます。

時計も人間と同じで、徐々に歳を重ねていきます。

知らず知らずのうちに、大切な時計が大変なことになっていた・・・となる前に、ぜひオーバーホールをお願いします。

五十君商店が選ばれる理由

熟練技術者による的確な判断に基づいた時計修理
時計はブランドごとに設計思想や構造が異なります。
また、時計の技術の進歩に遅れないために、絶やさず更新しています。
そのため、各ブランドの特徴ある時計構造を全て把握し、質の高い修理・オーバーホールなどのサービスを提供することができます。
国内外から必要部品の調達が可能
オーバーホール・修理によって部品が必要となった場合でもご安心ください。
五十君商店は、実は部品卸商からスタートしています。
日本はもちろんのこと各国に取引先があるため、世界各国から必要な部品を調達することができます。
熟練技術者による部品の製作も可能
すでに廃盤となってしまって部品供給がない年代物の時計でもご安心ください。
五十君商店では部品をゼロから制作するための最新設備も完備しています。
そのため、部品をゼロから制作し修理することが可能です。

メール・電話でのお問合わせ

TEL:0800-500-4146
■ 受付時間: 平日 9:00~18:00
■ 休業: 土日・祝日
※修理は24時間受け付けておりますが、ご返信・発送などは上記の時間帯となります。

時計修理・メンテナンスのコラム

Return Top