電話でお問合わせ
お問合わせ

腕時計のベルト(バンド)調整はどこでする?自分でサイズ調整する方法も紹介

素敵なデザインの時計を購入して付けてみたら、自分の腕の大きさと合わなかったということはありませんか?
販売されている時計は既定のサイズで置かれているため、バンド調整が必要になることがあります。
「通販で買った時計のバンド調整を近所の時計修理店に頼んでも大丈夫?」「購入時はちょうどよかったのに、痩せて腕時計のバンドが緩くなってしまった」など、腕時計のバンド調整にまつわる悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?
時計は、自分の腕の大きさに合ったサイズに調整することで、時計の着け心地もよくなり、長く愛用することができます。

しかし、バンドのサイズ調整は簡単にはできません。専門知識を持たないまま、自分で行うと、大切な時計を壊してしまう可能性があります。
そこで今回は、バンドの最適なサイズや、自分でバンドを調整する方法とその際に必要な工具、さらにお店でバンド調整をしてもらう場合の依頼先選定方法、料金についてご説明します。

腕時計のバンドの最適なサイズは?

腕時計のバンドの最適なサイズは?

バンドは人さし指が入るぐらいのサイズに調整

腕時計のバンドのサイズは、好みや感覚で個人差があります。ここでは、腕時計を長持ちさせるためのサイズについて説明します。

基本的な腕時計のサイズは、バンドの部分に人さし指が入る程度のゆとりがある位がよいといわれています。

金属バンドの場合、腕とバンドが完全に密着した状態ですと、汗が部品に侵入し、腐食や錆などの原因になります。さらに取り外しの際にも、余分な力が加わることで故障の原因にもなりかねません。

また、革ベルトの場合も、身に着ける際、金属バンドと同様、人さし指が入るぐらいのゆとりを持たせましょう。ゆとりを持たせることで、革の傷みを若干抑えることができます。腕と革ベルトが密着した状態ですと、汗により革の痛みが進み、頻繁に交換することになります。

ゆとりがあると、時計の文字盤が回ってしまうことがありますが、時計にとってはその方が長持ちするためにはよいのです。

腕時計購入時のポイントになる正しい腕周りの測り方とは

インターネット販売や通信販売を利用して腕時計を購入する場合、自分に合った腕周りのサイズが分からないまま時計を購入し、その後、バンドのサイズを調整する方は少なくありません。自分の腕周りのサイズを知っておけば、修理に出すときや、時計を購入する際に便利です。ここでは、家にあるアイテムを使って、簡単に手首サイズを測る方法をご紹介します。

測定方法について

普段、腕時計を使用する場所にメジャーや紙などを巻きつけ、印をつけます。その際、隙間ができないように測ってください。

正しい測り方とお店への伝え方

測る場所は、ご使用方法によって計測箇所が異なりますが、手首のコブの下あたりが一般的です。ゆとりを持たせる必要はありません。どちらかと言えば、軽く食い込ませる程度にしましょう。ただし、細いひもの場合は食い込みすぎる可能性があるため、注意してください。腕に対して垂直に測ること、測る手は力を抜き自然にしておくといったことも重要です。

お店に伝える際は、実寸サイズを伝えましょう。その際は「15cmは、締め付けられる感じ。16cmだと、少し緩い印象」など、サイズについて具体的に伝えましょう。

自分でサイズ調整!金属バンドの調整方法と工具セット

バンドの長さを自分で調整できるタイプの時計の場合

時計修理に出さなくても、金属製ベルトの腕時計であれば、自分で調整することが可能なものもあります。

シチズンの「シンプルアジャスト」、セイコーの「らくらくアジャスト」など「簡単調整機能」付きの時計の場合は、
付属品の「バンド長さ調整工具」を使用し、お客様ご自身でバンド駒の取り外しやつなぎを簡単に調整することができます。

「ワンプッシュ三つ折れ式」であれば、カバーを外し、長さ調節して、固定するだけです。
また、「フリー中留タイプ」の場合は、調整工具は付属されていませんが、小さなマイナスドライバーが1本あれば、お客様ご自身で調整することができます。

ただし、腕時計のバンドを調整する際には、必ず説明書を読むようにし、大切な時計を傷つけてしまわないよう注意しましょう。

金属ベルト調整方式の種類と判別方式

簡単調整以外の金属バンドの調整について説明します。バンドの種類によって調整方法が異なるため、まずは金属バンドの種類と、判別方法を確認しましょう。

調整方法の種類

調整方法の種類としては、下記の通り分類することができます。
現在は、「ネジ止め式」と「ピン止め式」が主流です。

・ネジ止め式
・ピン止め式(割ピン式、ヘアピン式、Cリング式、丸ピン式)

調整方式の種類の判別方法

・ネジ止め式の判別方法
バックル(中留)の両脇のコマを確認します。コマの横側にネジ溝があり、矢印の刻印がないものはネジ止め式だと判断します。

・ピン止め式の判別方法
バックル(中留)両脇のコマを確認した際に、横側に小さな穴が開いており、裏側に矢印の刻印がある場合は、ピン止め式だと判断します。

さらにピン止め式を細かく見てみると、以下のように区別することができます。

割ピン式(ヘアピン式):ピン先の片側割れており、もう片側が割れていないタイプ
Cリング式:ピン先が両方割れていないタイプ
丸ピン式:穴自体が大きく丸く太めのピンを使用しているタイプ

汚れや塗装により、割れが確認できないケースがあるため、割ピン式とCリング式は間違えやすくなっています。注意して確認するようにしてください。

取り扱い説明書がある場合は、まず記載内容をしっかりと確認してください。勘違いによる、ミスを防ぐことができます。

ピン止め式の調整方法と必要工具・工具の料金

まずは、ピン止め式のバンドを調整する際に必要な工具について、紹介します。

必須アイテム

・精密ドライバー
バンドを調整するにあたり、必須の工具です。最初にしっかり購入しておきましょう。
もし用意できない場合や最低限の工具を揃えたい方、リーズナブルに調整を行いたい方は、バネ棒外しの二股部分を外して代用することも可能です。

できるだけ用意しておくとよいアイテム

・時計用バンド万力(ピン抜き台)
バンドを挟み固定するために使用する工具です。

・ハンマー
最後にピンを打ち込む際に使います。

必要工具を揃えたい、オーソドックスな工具を好むという方には、必要工具が揃った「ブレスレットアジャストツールセット」がおすすめです。片プラハンマー、万力、ピン抜き棒3本と、簡易取り扱い説明書がセットになっています。

あると安心なアイテム

・ピン替え先
ピンは消耗品でもあり、変形する可能性があります。念のため、ピン替え先を用意しておくと安心です。

ピン止め式のバンド調整に必要な工具を紹介しましたが、よりスムーズに調整したい方には、「駒ピン抜き器」がおすすめです。駒ピン抜き器を使えば、万力、ピン抜き棒、ハンマーなどの工具を揃える必要がなく、初心者の方から調整に長けた方まで、スマートに調整することができます。

弊社「五十君商店」では、さまざまな時計修理に関する工具の販売を行っております。
大勢の皆様の幅広い要望にお応えできるよう、ネジ式バンド調整に必要な道具はもちろん、通信販売で幅広いジャンルの商品を取り扱っております。インターネットで、ぜひチェックしてください。

>バンド工具一覧 老舗五十君商店直営のネットショップ「ユーマルシェ」

ピン止め式のバンドの調整方法について

1.ピンを抜く
腕時計をピン抜き台に固定します。このときに、抜くピンの位置とピン抜き台の穴の位置を合わせることで、ピンが穴を通ります。ピンを紛失しない、折らないためにも慎重に位置を合わせましょう。割ピン式の場合、割れていない方を先に入れ、矢印の方向に抜きます。ピン抜き棒を使用し、ハンマーで叩いてください。

Cリングの場合、C形状のリングを取ることを忘れないようにしましょう。特にCリングは2~3mmと小さく、なくすとピンを固定できませんので、なくさないように注意してください。

2.コマを外す
1コマ外す場合は、横のコマも含め2コマ分のピンを抜きます。2コマ外す場合は、1コマ目と3コマ目のピンを抜き、コマを外します。

3.ピンを戻す
割ピン式の場合、割れていない方を頭とし、ピンを戻します。Cリング式にはピンの向きはありませんが、矢印の逆から入れるようにしましょう。最初はハンマーで叩かずに、固定台を使って押し込むことでピンの折れや割れ、曲がりを防ぐことができます。
ある程度入ったら、ハンマーを使い押し込み、最後にピン抜き棒を使って押し込みます。Cリング式は、Cリングを戻すことを忘れないようにしましょう。

ここまで一連の流れを説明しましたが、高級な時計、傷をつけたくない時計に関しては、時計修理専門家に頼むことをおすすめします。

ネジ止め式の調整方法と必要工具・工具の料金

次に、ネジ止め式のバンドを調整する際に必要な工具について、紹介します。

必須アイテム

・精密ドライバー
バンドを調整するにあたり、必須の工具です。必須工具のみ購入したい方や、ネジのサイズが分かる方は、「BECO ドイツ仕入れ 精密マイナスドライバー単品」を用意しておきましょう。
ドライバーを一式揃えておきたい、高品質なドライバーを探しているといった方には、「BERGEON製スクリュードライバー5本セット」もおすすめです。

・時計用バンド万力(ピン抜き台)
バンドを固定するための工具です。

ネジ止め式のバンドの調整方法について

1.ネジを回して外す
適したサイズのドライバーを使用し、ネジを回して外します。
ネジ山の幅とドライバー先端の幅が同じくらいのものを選びましょう。ネジを外すときには反時計回りが基本です。
新品の時計の場合、ネジに接着剤がつけられていることがあります。ネジが回らない場合は、過度な力をかけず、時計店に依頼してください。

2.コマを取る
必要な数のコマを取ります。

3.ネジを回して戻す
コマを繋げ、ネジを回して戻します。戻す場合は、時計回りが基本です。

ここでは、一連の流れを説明しました。ネジ止め式バンドの調整は、個人でも可能です。ただし、高級な時計、傷をつけたくない時計に関しては、時計修理専門家に頼むことをおすすめします。弊社は、ネジ止め式バンド調整に必要な道具をはじめ、さまざまな時計修理に関する工具の販売を行っております。
大勢の皆様の幅広い要望にお応えできるよう、インターネット通信販売で幅広いジャンルの商品を取り扱っておりますので、ぜひチェックしてください。

>バンド工具一覧 老舗五十君商店直営のネットショップ「ユーマルシェ」

革バンドのサイズ調整に必要な工具と穴開けの方法

金属バンドの場合は、コマを外すことで調整できますが、革ベルトの場合は少し方法が異なります。

革ベルトを調整したい場合、以下の2種類から選ぶことになります。

・革ベルト自体を交換する
・革ベルトに穴を開ける

腕時計専用の穴開けペンチなども販売されてはいますが、一度穴を開けてしまうとやり直しができません。間違った場所に穴を開けてしまわないよう、慎重に位置を決める必要があります。

革ベルトを交換する方法と必要工具

革ベルトを交換する際に必要な工具は「バネ棒外し」です。

ケースサイドに穴がある場合は、バネ棒外し(I型)を差し込み、下に押し込むことでバネ棒が外れます。逆側も同じ手順で外し、新しいベルトにバネ棒をセットし、再びバネ棒を使用して取り付けます。

穴がない場合は、バネ棒外し(Y型)を使用してください。時計とバンドの間に差し込むことで、外すことができます。新しいベルトにバネ棒をセットし、取り付ければ完了です。

弊社では、コストパフォーマンスが高く絶妙なカーブを描くY先が特徴の「IGMバネ棒外し」、長時間の使用にも適した太軸タイプの持ち手を採用した「ベルジョンバネ棒外し(3153)」の2種類のバネ棒外しをおすすめしています。

穴開けする方法と必要工具

革ベルトに穴を開ける際には、以下の道具が必要になります。

・レザーポンチ(専門店だけでなく、100円均一ショップでも購入可能)
・ハンマー

まずは、等間隔に穴を開けるため、現在の穴と穴の距離を測ります。そして、穴を開けたい場所に印をつけましょう。そして、レザーポンチを置く位置を決め、ハンマーで叩くことで穴を開けることができます。これは、穴開けパンチを使用する際も同様です。穴を開ける際には、下敷きなどを引きましょう。

ただし、穴の形が不恰好になるリスクや、本来予定していた場所に穴が開かないとリスクも考えられます。革ベルトへの穴開けは失敗が許されませんので、時計修理専門店へ依頼することをおすすめします。

腕時計を購入後にサイズを変更する場合、購入店か修理専門店に依頼しよう

腕時計を購入後にサイズを変更する場合、購入店か修理専門店に依頼しよう

時計購入後に、「サイズが合わなかったから調整したい」というご相談をよくいただきます。
購入店か、時計修理専門店へ依頼すれば調整してもらえます。

購入店に依頼する際には、購入時のレシートや保証書を持参しましょう。持参すれば無料で対応してもらえることが多いので、大切に保管してください。

購入店以外でも対応自体は可能ですが、調整料金として500〜3,000円程度が必要となります。価格の幅は、売り場や時計によるものです。例えば、家電量販店の時計売り場などでは、安価となる傾向が強く、国産、舶来(海外産)の時計を修理専門店に依頼した場合は、高い技術が必要とされるため、高くなる傾向にあります。

修理専門店や家電量販店に断られるケースとは?

基本的には、どこの時計店でもサイズ調整はしてもらえます。中には、依頼しても断られるケースがあります。例えば、以下のような時計です。

・全てプラスチックで作られている腕時計
・手作りの一点ものの腕時計

これらの時計に関しましては、強度が不明、トラブルが起きた際に、対応できないといった点から、断る修理専門店や家電量販店が多いため、購入店に問い合わせることをおすすめします。

また、中には専用工具が必要な腕時計も存在します。一般的な工具を使用した場合、腕時計自体に傷がつくなどの可能性もあるため、この場合も購入店に問い合わせた方がよいでしょう。

再調整を依頼する際に必要なこと

ベルトを再調整する際には、以前外したコマを必ず持っていくようにしましょう。サイズを大きくしたい場合はもちろんのこと、サイズを微調整する際に以前のコマが必要となるケースや、割ピンが錆びており以前のものを使用するケースも存在します。

また、コマを紛失した際にも、まずは専門店に相談しましょう。サイズを大きくしたい場合は、必ずコマが必要となりますが、ほぼ全てのブランドにて取り寄せなどの対応が可能です。

腕時計のバンドを調整するための4つのポイント

それでは、最後に腕時計のバンドに関する調整方法について、もう一度振り返っておきましょう。

1. 時計のバンド調節には、まず最適なサイズを測定する
2. 自分で調整するために、金属バンドや革バンドそれぞれの調整方法を学ぶ
3. 失敗しない調整が良いなら、専門店に依頼する
4. ベルトの調整を終えたものは必ず試着して着け心地を確認する

時計のバンド調整は、自分で行おうとするとバンドだけでなく時計本体も故障してしまうリスクがあります。
バンド調整は専門的な技術が必要ですので、時計修理専門店へ依頼をした方が安心です。

時計修理専門店に依頼する

弊社では、店頭にて腕時計のベルト(バンド)交換を行っております。直接向き合い、気に入っていただいた数多くのお客様に支えられてまいりました。単なる腕時計のベルト(バンド)交換だけではなく、簡易的な清掃、動作確認など、時計がより長くご使用できるようにお手伝いしております。時計の状態を見て、適切なオーバーホールのタイミングなど、アドバイスを行いますので、ぜひお近くの店舗(御徒町・新川崎・本川越・大阪四ツ橋)までお越しください。

>最寄りの店舗はコチラ

御徒町店(本社)

東京都台東区上野5‐24‐1
JR山手線「御徒町」駅より徒歩3分、東京メトロ日比谷線「仲御徒町」駅より徒歩1分

新川崎店

神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1-5
JR南武線「鹿島田」駅より徒歩4分、JR横須賀線「新川崎」駅より徒歩3分

本川越店

〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-22 西武本川越ぺぺ1階
西武新宿線「本川越」駅より駅直結、東武東上線「川越市」駅より徒歩7分、「川越」駅より徒歩10分
ショッピングセンター「西武本川越ぺぺ」の1階にございます。
四ツ橋店(西心斎橋店)

〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-3-12 四ツ橋セントラルビル1階
大阪メトロ御堂筋線、長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅より徒歩5分、大阪メトロ四ツ橋線「四ツ橋」駅より徒歩1分、大阪メトロ御堂筋線、四ツ橋線、中央線「本町」駅より徒歩11分
「四ツ橋セントラルビル」の1階にございます。

革ベルトの交換は長い間共にしてきた時計を生まれ変わらせるチャンスです。
新しい時計を購入する以上の高揚感を味わえるかもしれません。
純正品では出会えないカラーバリエーションと細部までこだわったデザインで自分らしさを表現できるオーダーメイド革ベルトはいかがでしょうか。
五十君商店では本場パリの工房、JCペランを取り扱う株式会社ミモザのベルト販売、オーダーを受け付けております。

革は170種類の素材とカラーをご用意。25色の糸、縫い方や厚み、裏地など豊富なバリエーションをぜひご覧ください。
「手作り」「手縫い」の独特の風合いを持ち、芸術品とも言えるベルトは大切な時計と貴方を今まで以上に強く結び付けてくれるでしょう。

>大切な時計に特別なベルトを纏いませんか?「JCペラン」のラインナップはこちら
>ベルト(バンド)交換、オーダーベルトのお問合わせはこちら

時計修理・メンテナンスのコラム

Return Top