【腕時計のベルト交換・修理】革ベルト・金属ベルトの修理料金目安・期間を解説

もし、お気に入りの時計のベルトが壊れてしまったら、悲しい思いをする人も多いのではないでしょうか。
「時計本体はもちろんだけれど、革ベルトが気に入っていたのに修理や交換ができるのだろうか?」
「金属ベルトが壊れてパーツを紛失してしまったけれど、果たして修理できるのだろうか?」

そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
実は、自分で修理しようとした結果、大切な時計に傷を付けてしまったという事例もあります。修理が不完全で、使用中に腕から落下してしまい、時計本体の故障につながってしまったという例もあります。
そこで本記事では、「革・金属両ベルトの交換方法」「金属ベルトを修理して使い続ける方法」「信頼できる時計修理屋さんの探し方・料金・期間」について詳しくご説明します。
大切な時計を末長く愛用するために、今以上に愛着を持って使うために、ぜひご一読ください。手を掛ければ掛けるほど愛着が増すことも、時計の面白さの一つです。

革ベルトを交換し、時計を長く使い続ける

革のベルトが壊れたら?交換することでリフレッシュ&印象チェンジ

革ベルトだけが壊れてしまっても、時計本体に問題がない場合、ベルト交換を行うことで、その先も長く使い続けることができます。時計本体はきちんとメンテナンスすれば長く使い続けることも可能ですので、例えば親から子どもへ受け継ぐことも可能です。

また、革ベルトは長年愛用すると、ベルト自体がどうしても経年劣化を感じさせてしまいます。好みの分かれる部分ですが、ベルトを変えることで、新品のような輝きを取り戻すこともできます。

さらにファッション的な意味合いでは、ベルト交換をすることで、印象はガラリと変わります。TPOに合わせて時計を楽しみたいという方におすすめです。

革ベルトの交換には、新しい時計を購入することと同等の満足感を得られたり、末長く愛用できる幸福感を得られたりといったさまざまなメリットがあります。

自分で革ベルトを交換する方法。高級腕時計は専門家に頼もう

革ベルト交換のメリットについてお伝えした上で、次は自分で革ベルトを交換する具体的な方法についてご紹介します。

ベルトの選び方

ベルトを選ぶ際に、重要となるのが時計本体とベルトの幅のバランスです。「時計の足の内側の幅=ベルトの幅」になりますので、ぴったり合うサイズを選びましょう。色や素材は好みで選んで構いませんが、文字盤や針の色とベルトのカラーをコーディネートすることで、スタイリッシュに見えます。

使用する工具

革ベルト交換の際には「バネ棒外し」が必須です。棒の外端がそれぞれ「I型」「Y型」になっているため、ケースサイドに穴のあるのはI型、穴のないのはY型とどちらにも対応できます。

I型ベルトの交換方法(時計のケースサイドに穴のある場合)
穴にバネ棒外し(I型)を下に押し込むと、バネ棒(時計とバンドをつなぐ金属製の棒)が外れます。両方外した後に、新しいベルトを用意。バネ棒をセットし、下の穴に差し込みます。バネ棒外しを使い、バネ棒の先端を押し下げるようにして、上の穴に入れたら完成です。取り付け終了後は、必ず完全に取り付けられているか、ベルトを軽く引っ張り、確認するようにしましょう。

Y型ベルト交換方法(時計のケースサイドに穴のない場合)
穴がない場合は、時計とバンドの間にバネ棒外し(Y型)を差し込み、下に押し込むとバネ棒を外すことができます。ここからの流れは、I型と同じです。

その他、時計の扱いに慣れていない方には、「両つかみ式バネ棒外し替先セット」もおすすめです。両方のバネをつかんで入れる方法のため、ケースに傷が残りません。

弊社「五十君商店」では、さまざまな「バネ棒外し」を扱っております。詳しくは以下のサイトをご参照ください。

>バネ棒外しの使い方&一覧 老舗五十君商店直営のネットショップ「ユーマルシェ」

バネ棒外しと、新しいベルトさえあれば、自分でベルト交換をすること自体はそれほど難しくありません。工賃などを支払わなくて良い点は、メリットだといえるでしょう。
しかし、自分での革ベルト交換には大きなデメリットがあることも忘れてはいけません。簡単な作業とはいうものの、交換作業をする際に時計本体に傷を付けてしまったり、大事な部品をなくしてしまったりする可能性があるのです。特に高級時計(ロレックス、オメガなど)の場合、傷が付くことで価値は大きく下がってしまいます。
予期せぬ故障や傷などのリスクを下げるためにも、専門家への依頼をおすすめします。

修理が難しい革ベルトは新品がおすすめ

お気に入りの革ベルトの場合、交換ではなく、修理して使い続けたいと望まれるケースも少なくありません。
しかし、革ベルトの場合、切れてしまったり、表面が剥がれてしまったり、水や汗シミなどが起こりやすく、どれだけ大切に使用・保管したとしても限界はあります。
純正品と交換できればいいのですが、場合によっては廃番になっているケースもあり得ます。その場合は専門家に依頼し、オーダーメイドで作成することで、ある程度似たイメージの革バンドを手に入れることも可能です。
ただし、かなり高額になってしまう可能性や、希少価値が高い種類の革を使用している場合は全く同じものを作成できない場合もあります。

となるとやはり、似たような色形の新品に交換するのがおすすめです。弊社では豊富なバリエーションのベルトをご用意していますので、ご相談ください。

一方、金属ベルトは溶接やコマの作成などで直すことが可能な場合が多くありますので、以下でご紹介します。

時計の金属ベルト修理の方法は?パーツが手に入りにくい時計も大丈夫?

壊れた金属ベルトは直せる?溶接やパーツ交換はこんなことができる

腕時計の金属ベルトが壊れたとしても、さまざまな方法によって修理することが可能です。その修理内容をご紹介しましょう。

修理内容一覧

・バンド長さ調節
・ピン抜け・ピン折れ
・金具変形の修理
・コマの交換
・金具の溶接修理(割れた中留め、プッシュボタンの修理)
・ベルトの継ぎ足し
・ベルトの交換
・ベルト溶接修理
・一部コマ作成交換
・バネ交換

数多くの種類が紹介されていますが、金属ベルトは、専門家に依頼すればあらゆる状態から修理できる可能性が非常に高くなります。また、金属ベルトの交換と同時に、オーバーホール(分解掃除)や電池交換、調整なども対応可能です。

外れたパーツをなくした・貴重で手に入らない場合は?専門家に相談して

「時計のベルトのパーツが壊れ紛失しましたが、修理可能なのですか?」という質問が多く寄せられています。
外れたパーツをお持ちの場合は、持参することで修理が可能ですが、「なくした」「再利用できる状態ではない」といったケースも少なくありません。

しかし、中には修理が可能なケースもあります。いくつか、具体例をご紹介しておきましょう。

ネジ・ピンを紛失した

専門の修理業者であれば、パーツを所有している可能性が高くなります。パーツがない場合は、似た部品での対応となります。

バネ棒(時計本体とベルトをつなげるパーツ)を紛失した

バネ棒は直径・長さ共に、種類が豊富です。専門の修理業者であれば、多くのパーツを所有しているため、スムーズな修理が可能です。用意のない場合は、通常以上に時間がかかることになります。

金属ベルトの小さな鎖が外れた

鎖をお持ちであれば、修理が可能です。鎖がない場合は、専門の修理業者であれば代替の鎖があり、そちらで対応可能です。

どの修理にもいえることですが、歴史と実績のある業者であれば、必然的に豊富なパーツを保持しているものです。創業80年を超え、日本の時計ブランドや世界各国の代理店とも直接取引を行っている弊社では、お客様のニーズにお応えするため、多種多様なパーツをそろえています。また、弊社で修理可能な内容の詳細につきましては、以下でご紹介しています。
ご紹介している修理症状のほかにも、さまざまな事例に対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

>五十君商店の修理についてはこちらへ

時計を預ける前に、ベルト修理の依頼先・料金目安・所要期間をチェック

時計のベルト交換・修理をしてくれる場所は?メーカー・修理専門店・量販店

ベルトの交換・修理を依頼できる場所は、大きく分けて三つに分類されます。それぞれ、メリットやデメリットについて、チェックしてみましょう。

正規メーカー

正規メーカーに交換・修理を依頼する最も大きなメリットは、やはり安心感です。保証期間内であれば、保証が適応されることもあります。
デメリットは、高額な修理価格です。純正部品の使用は当然のことながら、ブランド代なども上乗せされていると考えた方がよいでしょう。

修理専門店(ネット店舗を含む)

修理専門店のメリットは「低価格であること」、そして、店舗ごとに差はありますが、「自社内で修理工房を持っていたり、技術指導に熱心だったりする店舗であれば、高い技術力を誇ること」でしょう。正規店と同じ純正パーツを使用している店も少なくありません。また、ネット店舗のみの場合は、店舗維持などにかかる固定費用のコスト削減ができるため、より低価格になる傾向があります。
一方、ネット店舗に限ってのデメリットは「対面で話せないことによる不安」「郵送・宅配による配送事故・故障」も考えておく必要があります。逆に、このデメリットを解消したい場合は、ネットで受付を行いながらも、実店舗を持つ修理専門店を選ぶとよいでしょう。

量販店

量販店で依頼するメリットは、持ち込む際の利便性にあります。正規メーカーや修理専門店は、必ずしも家や職場の近くにあるとは限りませんが、量販店であれば身近にある人も多いのではないでしょうか。

しかし、「量販店の修理=技術者のレベルが低い」といった声も上がっています。仕上がりを見て「本当にプロの技術者が修理してくれたのか?」といった疑問・不安を感じてしまう点は、大きなデメリットといえるでしょう。
ただ、修理専門業者がお客様の利便性を考え、量販店の修理ブースに技術者を派遣しているケースもあります。弊社でも、ヨドバシカメラやビッグカメラに技術者を派遣しています。この場合は、技術力に不安を感じることはないでしょう。

このようなメリットやデメリットをご理解の上、自分に合う修理依頼先を選ぶことをおすすめします。

ベルト交換料金目安と所要時間は?ほとんどはベルトの値段

ベルト交換を考えたときに、多くの方が気になるのは料金の目安、そして所要時間ではないでしょうか?しかし、料金に関しては、依頼する場所によって大きく変わります。あくまで、参考程度にご覧ください。

正規メーカー 修理専門店
交換料金(目安) ベルト料金(数万~数十万円)+工賃(数千~数万円) 1,000円~
所要時間(目安) 1週間~10日 即日
※・交換用ベルトは持ち込むことが一般的・店舗でベルトを購入すると工賃が無料になることも

作業工程自体は正規メーカー、修理専門店共に同じです。しかし、高級時計を純正のベルトで交換する場合は、高額になると思っておいた方がいいでしょう。

以下にまとめた表をご確認ください。

購入場所 料金
100円均一 100円+消費税
時計屋・雑貨屋・量販店など 1,000円~
正規メーカーの純正品・高級革 数万円~

ベルトの交換に関する費用は、ほぼベルト代といっても過言ではありません。「できるだけ同じベルトにしたい」「純正品がよい」「ファッションの一部として頻繁に交換したい」など、交換理由や目的には個人差があります。

自分の目的に合う形で、交換するベルトを選びましょう。また、ベルト交換に必要な価格を具体的に知りたい場合は、見積もりを取ることをおすすめします。

【コラム】ベルトの修理は保証の対象になる?自然故障とみなされる例は少ない

果たして、時計のベルトの修理は保証の対象になるのでしょうか?
時計を購入した際の「1年保証」、時計を修理した際の「6カ月保証」などの保証は、「取扱説明書に沿った正常な使用範囲内において、内装部品が故障した場合、無償修理をお約束する」というものです。
落下など不注意による破損、正常使用範囲内における小さな傷などは、保証期間内であっても、対象外とみなされます。
あくまでも自然故障のみに対応しており、ベルトの修理は対象外となることが多いようです。ただし、保証内容によっては適応範囲内とみなされることもあるため、まずは保証書の内容をしっかり確認することをおすすめします。

時計のベルト修理はプロの専門家に相談を

腕時計のベルト修理方法を改めて紹介しましょう。革ベルトが壊れた場合、交換することで新品同様の輝きを取り戻すことができます。革ベルトは自分で交換することも可能ですが、高級腕時計は傷などのリスクを避けるため、専門業者に依頼するのがベストです。お気に入りの革ベルトを継続して使いたい場合は、専門家に相談しましょう。
金属ベルトの修理方法は多種多様ですが、多くの場合は修理可能です。
パーツをなくした場合や貴重で手に入らない場合も、まずは専門家に相談してみましょう。修理依頼先は大きく「メーカー」「修理専門店」「量販店」に分けることができます。メリット・デメリットを踏まえて選択をしましょう。
創業80年以上の弊社(五十君商店)は、実店舗を保有し、月間時計修理数1万以上の実績がります。部品卸商の親会社を持っているため、世界中から部品の調達が可能で、量販店(ビッグカメラとヨドバシカメラ)には、自社職人を派遣しています。

この機会に、あなたの大切な時計をもう一度生まれ変わらせてみませんか?
ベルトの交換・修理は、創業80年以上、月間修理取扱数約1万本、業界屈指の信用と実績を持つ弊社に、ぜひお任せください。

本川越店

〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-22 西武本川越ぺぺ1階
西武新宿線「本川越」駅より駅直結、東武東上線「川越市」駅より徒歩7分、「川越」駅より徒歩10分
ショッピングセンター「西武本川越ぺぺ」の1階にございます。
四ツ橋店(西心斎橋店)

〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-3-12 四ツ橋セントラルビル1階
大阪メトロ御堂筋線、長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅より徒歩5分、大阪メトロ四ツ橋線「四ツ橋」駅より徒歩1分、大阪メトロ御堂筋線、四ツ橋線、中央線「本町」駅より徒歩11分
「四ツ橋セントラルビル」の1階にございます。

時計修理・メンテナンスのコラム

Return Top